カテゴリー
#エンジェルメッセージ

エンジェルナンバー111111の恋愛とは?

エンジェルナンバー111111の恋愛は、皆さんの感情以外に、お相手の感情にも注意をすること、という意味がある数字です。

当然のことですが、皆さんもお相手にも感情があるものです。

感情は時として愛情となり、2人をとても素晴らしい感覚に包んでくれることもあります。

また時として、とても不穏な空気にも包むのが感情でもあります。

感情はまるで生き物のように、時に皆さんの都合よく、時に悪く働くことがあると言えそうです。

そして恋愛における感情には、交錯するものがあると言えそうです。

交錯する感情の中で代表的なものが、好きになっている側の人と、好きになられている側の人の異なる感情の交錯があると言えそうです。

好きだという人は、その人と一緒になりたいという感情が強い傾向があるものです。

逆に、好きになられている人は、感情の状態はケースバイケースだと言えそうです。

例えば、自分も好きなら嬉しいことだし、そうでないなら困った状況に感じたりしていることが言えそうです。

感情を一つの統一したものにできないのは、皆さんだけでなく、この物理的な次元にいる人すべての人において同じことが言えるものです。

この原因の一つとして、最も有力なものが、感情は絶えず、外的なことによってコロコロ変わったり、作られるているからと言えそうです。

この物理的な環境は、個人の感情や思考も含めて、それらは独立的に存在していると言えそうです。

そして、不思議なことに、その独立しあったもの同士が、愛し合い、理解を求め合うことがあるのです。

それが恋愛であると仮定するなら、独立したお互いの感情は、時として融合したり、衝突もしたりと言えそうです。

皆さんの恋愛が成立するのは、もちろん皆さんの感情や思いも必要ですが、お相手のそれがあってこそ成り立つ、あるいは成り立っていると言えそうです。

そのため、自分だけでなくやはり、お相手の気持ちにも注意を払い、思いやることが大切だと、天使は言いたかったのでしょう。

またたとえ、お相手が皆さんの気持ちに注意を払っていなくても、まずは自分がやってみることで新しい発見や、見えなかった事実に気がつけるともあるでしょう。

恋愛とは愛することであり、それを大切だと感じるなら、皆さんが愛する思いも重要ですが、その対象となるお相手の感情も同じくらい大切なものです。

なぜなら、感情は常に創造され、変わる要素であるからです。

変わってしまう感情を、お互いが持っているなら、それに注意をはらい、まずはお相手の感情がどのようなものか、それを知ろうとすることは、結果的に深い理解にもつながることになります。

エンジェルナンバー111111の次の内容へ

111111の詳細な意味

111111のツインソウル(1000年通じ合う運命の相手)

111111のツインレイ(迷いも孤独も終わらせる運命の人)

111111の恋愛へ

111111の復縁

111111の片思い

111111の仕事

111111の金運