2「40代運命の出会いを実現する」

 

基本的には40代でろうと、20代であろうと、それぞれに優位性があるので、運命の出会いを実現することや、その可能性を高めることは可能と言えます。

 

ただどちらにも言えることですが、他人の優位性は、おそらく全く自分の役には立たない可能性が高いということです。

 

他人の優位性の中でいくら頑張っても、あるいは努力しても、多くの時間と労力、あるいは資金を費やすことになり、満足のいく結果を受け取ることは難しいままでしょう。

 

他人と自分の優位性とは、それだけ異なることが多く、自分の優位性の中で多くのチャレンジをすることがもっとも重要なのです。

 

自分の優位性の中でチャレンジするとは、どのようなことを示すかというと、自分の優位性のあることを繰り返し行なっていくという、とても単純な方法に行き着きます。

 

自分の優位性とは、今の自分に可能なことであり、そしてさらに、良い結果を得られる可能性が、悪い結果となる可能性よりも高いことをする、ということになります。

 

そのほかで、例えば他人やあらゆるサービスがおすすめしてきたとしても、自分の優位性とは関係がないなら、それは行う必要はないでしょう。

 

何度も言いますが、それを行なったところで、自分に優位性がないのであれば、それは失敗と負ける可能性が高いことになるからです。

 

20代の時の優位性は、時間というものがありまた。

 

つまり、多少の失敗、多少の時間とお金や労力の無駄が、自分でも許されていた時期だと言えます。

 

しかし、その優位性はいつまでも続くものではないのです。

 

時間は経過することしかできません。

 

そのため、時間的な優位性や失敗や無駄をして良いという時期というのはには、期限がくるものなのです。

 

この期限に気がついた時、人は大きく行動を変える傾向があります。

 

例えば結婚する人と付き合う人のタイプを変えたり、または恋愛よりも仕事にあえて打ち込んだりといった、行動と価値観の変化が多くあります。

 

これは特に恋愛における時間的な優位性がなくなったために、もしくは、他の優位性が私生活の中で高まったために、変更せざるを得なくなった結果だと言えます。

 

しかしこのように自分の環境が変わることで、優位性のある行動をすることは、とても重要なことなのです。

 

そして例えば時間的な優位性がなくなり、結婚する人を本来のタイプではない人に変えた人の多くは、さほど後悔などしていないこともあるのです。

 

その後の2人の生活によって、これはもちろん大きく異なりますが、優位性のあるところに自分の行動を合わせることで、負ける要素を大幅に少なくでき、勝利へと導くことが可能となるのは、これでおわかりいただけたことでしょう。

 

優位性に自分を合わせるというのは、失敗の大きさを単純に小さくする効果があります。

 

人は失敗をするものです。

 

そしてその失敗には、自分で取り返しのつかないほどの大きなものもあれば、全く「やっちゃった」程度のものがあるものです。

 

大きな失敗は、ほぼ例外なく、大きな挑戦をしていることが原因として挙げられます。

 

特に運命の出会いにおける大きな失敗こそ、時間の経過だと言えます。

 

上述のように、自分とはもしかすると全く関係のない優位性の中で、それを実現させようと頑張っていたら、失敗が続くことになります。

 

その結果、多くの時間が費やされ、そして多くの場合で最終的には、時間的猶予という優位性を失うことになるのです。

 

自分の優位性とは全く関係のないことを、長時間やっていたことによって、結局何も掴めないということは、往々にしてあるのです。

 

そしてどんなに泣こうが喚こうが、その時間は戻ることはないのです。

 

一方で、優位性のある、または優位性の高いところで、運命の出会いへの挑戦をしていると、必然的に失敗よりも成功の機会が増えやすくなります。

 

そしてその成功は、決して最終的な答えではなく、この小さな成功を何度も何度も続けていく先に、運命の出会いがあったりするのです。

 

さらに失敗した時の傷も、自分の優位性の範囲の中なので、深く落ち込むことも少ないものが多いのです。

 

これと同じように、40代の運命の出会いを実現することは、自分の優位性のあるところを見つけて、そこから始めるということが重要であり、例え失敗しても、それは小さなもので済むことが多いのです。

 

そして、最大のメリットこそ、すでに多くの失敗をしていることや、経験があることです。

 

つまり、時間的な優位性はおそらく20代の頃よりもないことに加え、それなりに、自分の優位性を的確に理解できる経験があるというのは、これからの運命の出会いに、大いに役に立つと言えるのです。

 

 

残念ながら若いうちは、時間が無限にあると勘違いしていることが多く、それによって、このような行動を恋愛において重要だと思えない傾向があります。

 

時間が少ないと実感してから、ようやく自分のやるべきことが何だったのか、それに気が付きやすいのです。