4「40代でも運命の出会いをしていいと、自分が許すこと」

 

それではあなたは40代である優位性、つまり、時間が経過したことによる、覚悟と決意を固めることができる優位性を存分に発揮しようとする気になれたでしょうか。

 

その気になった時、これまでの自分がいかに、全く逆のことを考え、行動し、それを繰り返したにも気がつくでしょう。

 

そして、過去のことはもう忘れ、新しいことを考え、行動し、繰り返してくことの重要性を知ったことでしょう。

 

繰り返していくことはとても重要です。

 

なぜなら、例え今が望まない状態にあったとしても、それは繰り返してきたから、今、そうなっていると言えるからです。

 

そこに気がつき、もう同じことを繰り返さないことは、その状態とのお別れを意味しています。

 

そして最後にもっとも重要なことは、40代であっても、自分が運命の出会いをして良いということ、それを自分でしっかりと許してあげることが重要です。

 

これは意外にも、自分にそうして良いと許している人は少ない傾向があるのです。

 

まだまだこれから、運命の出会いは、これからです。

 

まずはあなた自身が、そうして良いことを、自分に認めて、許していないと、その意識は意図しないことを自然とやってしまう可能性を高めます。

 

それとは、無意識かつ自然に、そうならないようにしてしまうことです。

 

無意識に、それも疑いもしないほど自然に、運命の出会いをしない考えや行動、選択を合理的なことだと思って、繰り返す可能性があるのです。

 

自分はそうなって良いのだと、しっかりと認めることによって、そのような真逆の行為にも気がつきやすくなります。

 

 

さぁ、今から、そして、これからです。