「運命の人や結婚相手ではないサインや特徴」

 

運命の人や運命の結婚相手ではない特徴やサインがあるかも知れません。

 

しかしそれは必ずしも、統一したものであるものではなく、あくまで個人的な差があることを忘れないことが重要です。

 

運命の人であるサインと特徴も、そうでないそれらも、それらも概念であると言えます。

 

共通したものや、確実なものというのはありませんが、それを見つけやすい心理状態というのはあると言えるかも知れません。

 

それとは、自分jが運命の人を求める欲求が、とても少ない時になりやすい心理状態といえ、中立の状態と言えるでしょう。

 

中立的な心理というのは、自分の求めているものやそれによって強まる主張、主観、思い込み、願い、希望というものがほぼない心理状態と言えます。

 

これらは全て、目の前の現状を中立的にではなく、自分の都合の良いか、悪い状態のどちらかに偏らせる傾向が強まります。

 

例えば運命の人と出会いたい、結婚したいという願望や希望が強いなら、目の前の現状、または特徴やサインというものに対して、希望的観測を強く抱いた解釈をしやすくなるでしょう。

 

これは希望的な観測であることには変わりなく、また希望的観測は事実であるとは言い難いものです。

 

運命の人じゃない特徴やサインについての捉え方も同じで、見方を変えてみると、実はそれら特徴がない人や、そうではないサインが、自分の運命の人だったということにもなりかねないのです。

 

重要なことは、決めつけや偏見を、できるかぎり少なくして、現状や自分、そして相手をみることだと言えるでしょう。

 

これら偏見と決めつけは主観や思い込み、希望などが、大きく関わっている可能性があります。

 

そしてこれらを小さくして、自分や相手や現実を、中立の心理で捉えるようにするためには、あなたの精神が深くリラックスしていることが重要でしょう。

 

このリラックス状態を日常の忙しい時間で獲得することは、とても困難であるかも知れません。

 

しかし身近な所で、それをわずかでも体験できる可能性があります。

 

それが寝起きの直後だと言えるでしょう。

 

寝起きは寝起きでも、特に、休日などと言った、起きてからすぐに何かをやるべきことがないタイミングが望ましいと言えます。

 

寝起きのリラックスできる時間に、ボーッとしながらの状態で、運命の人について考えてみると、意識がはっきりしているときの意見とは違う意見が出てきたりします。

 

そしてこのような状態、つかり強い欲求や希望がなく、また絶望も持ちにくい状態とは、あなたの運命の人に対する自分や相手、現状をとても中立的に思考できることを助けてくれます。

 

きっと、今までとは異なる、あなたの中での真実を見つけることにつながることでしょう。

 

以下のリンク先は、運命の人の特徴や、そうじゃない特徴について触れています。

 

あなたの運命の人を見極める何かしらの助けになることでしょう。

 

 

→ 運命の人じゃない特徴

 

→ 運命の人&パートナの特徴

 

→ 運命の人の特徴トップ