4「運命の人を求めている理由を知る」

 

人の脳は誰もが、欲求を満たすようにできています。

 

これが生存欲求といわれるものであり、それから離れることはできないでしょう。

 

だから、脳はあなたに欲求から離れるようなことをさせないように、恐怖でそれを押さえつけようとしています。

 

例えば人が一生懸命に働くのは、お金に困り、お金がなくなることで、生きることが困難になること、または食べるものや食欲を満たすことが難しくなるからと言えます。

 

これは、あなたが運命の人と出会わないと、これからの人生のあらゆる欲求が満たされないと思っていることに似ています。

 

だから人は、運命の人を探し求め、それを続けると言えます。

 

もし、これに似たような思考や思い込みがあると気がついたなら、あなたは自分を知ることに一歩近づけのかもしれません。

 

まさに、あなたがなぜ?運命の人を求めているのか?この疑問に向き合う必要があるのです。

 

運命の人が自分を幸せにしてくれると思っているのか?

 

運命的な出会いをすれば、それだけで人生が何もかもうまくいくと思っているのか?

 

自分が深い愛で満たされるには、運命の人が必要だと思っているのか?

 

個人差があり、その答えは様々でしょうが、これらの疑問と向き合って、その理由を知ることは重要です。

 

なぜなら、それは、脳が求めて求め、欲求を満たそうとすることを、止めることができるからです。

 

逆に、脳が求めることや欲求を満たそうとすることを落ちつかせないと、あなたは運命の人ではなく、身近な人(すぐに手に入る人)に運命を感じさせられてしまうかもしません。

 

あなたが気がつかないうちに、脳の欲求を満たすために動かされ、考え方も変えさせられ、すぐに手に入りそうなものを追わせらられている可能性があるなら、まずは脳の暴走を止めることや、冷静になることが大切です。

 

そして、この冷静さを取り戻すことが、運命の人に近づく一歩となり、その人が誰かを、あなたに気がつかせてくれる助けとなるのです。