「運命の人と再婚する」

 

運命の人と再婚するということは、離婚した人はあなたの運命の人ではなく、再婚相手つまり、運命の人と改めて出会えたことを意味しているでしょう。

 

以前の人が運命の人であることも、再婚相手が運命の人であることも、あなたの体験とそれに対する認識が決めることであり、一つの概念です。

 

このことは上述したとおりです。

 

つまり運命の人が再婚相手であることは、必ずしも重要なことではなく、これからのあなたがどのように現実や現状、2人に起こる現象を捉えていくかの方がもっとも重要だと言えます。

 

そしてその捉え方によっては、また離婚することもあるかも知れないのです。

 

以前の結婚相手との思い出を、もしかすると思い出したくないこともあるかも知れません。

 

しかしこれはあえて思い出してみて、自分がもっとできることや、あるいはもっとこうしておけばと後悔をする何かがある場合、それはこれからしっかりと対処して行かなくては、また同じことを引き起こす可能性があります。

 

なぜなら、人は相手が変わったからといって、自分の行動が変わることはほぼないか、それだけではとても難しい傾向があるからです。

 

人は行動レベルにまで、到達しない限りは、自分の未来を具体的に変えていくことが難しいと言えるでしょう。

 

この物理的な世界では、行動は重要であり、頭でわかっていることよりも未来を変える力やきっかけとなるでしょう。

 

つまり、再婚する人とは次は、同じ後悔をしないように、過去の自分を少しずつ改めていく行動が重要なのです。

 

これを改めない限りは、過去と同じような場面や出来事が起こると、それを過去と同じものだと錯覚して認識してしまいやすくなります。

 

過去とこれから起こることは、似ていると思っても、まるで違います。

 

なぜなら相手は異なるし、環境は異なるし、おそらくよく考えてみると全く違うことさえ気が付けるでしょう。

 

しかし人の脳は過去の記憶と今起きている現象とを、強力に結びつけてしまうことがあるのです。

 

これによって、過去の自分のことを変えていないと、未来も同じことを思い、同じことを考え、同じ行動を起こし、過去と同じ結果を味わう可能性を、自分の自発的な選択によって高めてしまうでしょう。

 

以下のリンク先では、運命の人との再婚と、出会うことから結ばれることを詳細にご紹介しています。

 

再婚をきっと良いものにするために、少しでもあなたの役に立てると幸いです。

 

 

 

→ 再婚相手は運命の人

 

→ 運命の人を知る、出会う、結ばれる