「運命の人とは離婚しない」

 

運命の人とは離婚しないという概念も、これは幻想の一つか、誰かの個人的な意見と言わざるを得ないでしょう。

 

幻想という表現をしたのは、運命の人と離婚しない保証も確定した未来も、将来も、存在しないからです。

 

あくまで結果、離婚しなかったということはあるだけで、その結果はすべて、可能性の中にあるのです。

 

あまり望まれない意見かも知れませんが、運命の人と離婚しないとは限らない、ということが事実であると言えるのです。

 

将来に確定したものは、何一つないのが本来のこの物理的世界の当然です。

 

例えば、明日に友人と遊ぶ約束をしていて、友人あるいは自分自身が、約束の時間に約束の場所にたどり着けるのは、可能性の中にあるということです。

 

電車が遅れるかも知れないし、何かトラブルが起こるかも知れません。

 

無事に双方が約束の時間と場所にたどり着き、楽しく遊ぶことができるかも知れませんし、もしかしたら、どちらかが遅刻をするかも知れません。

 

約束しても、それは結果が収束するまでは確約されていないのです。

 

だからこそ、運命の人だと強く感じた人や、そのような2人であったとしても、離婚をするかしないかは、結果次第であると言えるのです。

 

そしてその結果を気にしているからこそ、このような運命の人となら離婚しないということを、まるで真実であるかのように錯覚をし、幻想を抱きやすいと言えるでしょう。

 

 

結果は誰も知ることができません。

 

友人が、または自分が、約束通りの結果になるのかは全くの未知なのです。

 

未知なことに確約を求めることや、探し続けることは、個人の自由です。

 

しかしこれは結果的に、良い結果となる可能性が低いと言えます。

 

その理由の一つに、不可能への挑戦をしようとしているからと言えます。

 

未知なものを決めつけるのは、不可能なのです。

 

その恐れの心理から、早く自分を解放した方が、きっとあなたにとってより良い答えを見つける助けになるでしょう。