「運命の人じゃない特徴2 結婚を考えられない」

 

次に運命の人じゃない特徴として、結婚を考えられない、イメージできない場合などがあります。

 

当サイト(マインディストKEN)では、運命の人を見つけることや、あるいは求めている目的をしっかりと設定した上で、これらの関連コンテンツを作成しています。

 

そして運命の人を見つける目的とは、その人と結婚をするため、だということを前提にしています。

 

改めて、あなたが運命の人を知りたい、あるいは見つけた、一緒になりたいという目的はなんでしょうか?

 

当サイト(マインディストKEN)は、この目的は最終的な目的として、自分の中で明確にしておくことが重要だと考えています。

 

なぜなら、運命の人を見つけたり出会えたからと言って、そこがゴールではないからです。

 

それは必ずと言っていいほど、2人のスタート地点となるはずです。

 

運命の人の結婚や、運命の結婚に関しては、以下のリンクより詳細を知ることができます。

 

あなたの目的が、結婚することであるなら、きっと以下のコンテンツはその新たなる知識と、何らかの助けになるはずだと思っています。

 

 

→ 運命の人との結婚

 

 

運命の人じゃない特徴として、もの結婚を想像できないことは、とても大きな問題を孕む可能性があります。

 

なぜなら、結婚を想像できない時は大抵、上述でもしたような交感神経優位の状態になっていることが多いからです。

 

結婚を想像するとは、勢いとか、ノリとか、気持ちとか、感情だけでは済まされないことが多くあります。

 

結婚後は出来る限り、離婚をしないことが重要だし、最初から離婚を想定したり、離婚を望んで結婚する人はいないでしょう。

 

結婚する理由は何か?

 

そうです、2人で人生を共有し、幸せになるという目的と理由のはずではないでしょうか。

 

しかし感情的な状態や、感情に支配されていると、この目的の達成の可能性を考えるよりも、結婚することしか考えられない状態になったりしやすいのです。

 

もし、あなたに結婚するという目的が明確にあるのなら、それは決して感情に支配されないように判断をすることが重要となるでしょう。

 

なぜなら、このような理性的で冷静な思考に戻ることが、感情と交感神経の支配から解放さえれるのに、とても効果的な方法でもあるからです。

 

感情で決めることは、実はあまり難しいことではありません。

 

むしろ、最も簡単な方法の一つの、代表格と言えるでしょう。

 

なぜなら、感情には欲しいものが目の前にあると、それを絶対に手に入れようと仕向ける、大きな力があるからです。

 

これは力でもあり、人や動物には当然のようにある、機能の一つなのです。

 

例えが適切ではないかもしれませんが、それを許されたと仮定してあえていうなら、犬が餌を欲しがるために、なんでもすることに似ています。

 

犬は人の身近にいる動物の中で、最も感受性が高く、そして感情を重貞に出してくれる動物だと言えます。

 

だから人と一緒に暮らせるのであり、犬は猫よりも昔から飼育されている歴史があります。

 

犬は餌を目の前にすると、理性を簡単に失うことができます。

 

なぜなら、食べることに一生懸命であり、脳がそのように指令を出しているからです。

 

これも同じく、交感神経が優位になっている状態といえ、餌を食べるためなら、マテ、お座り、ゴロンなど、覚えたことを即座にこなします。

 

これは欲しいものを手に入れるために、手段など選んでいないようなものです。

 

上述もしましたが、交感神経が優位になっていると、目の前の人を手にするために、とても盲目的になっていて、さらには行動的になっているものです。

 

この感情の勢いに任せて、結婚しよう!と決断することは、さほど努力を要しません。

 

むしろ、ほぼ労力なしで決めることさえできます。

 

そしてその決断が正しかったかどうか、それは、この熱が完全に冷めた時に、ようやく気がつけるようになるのです。

 

運命の人じゃない特徴の中で、あなたが冷静さを失ったままなら、それはまず冷静さを取り戻すことが重要だと言えます。

 

なぜなら、何度も言いますが、熱はいずれ、冷めるからです。

 

そして冷静になり、よく考えたときに、それでも一緒にいて安心感があるとか、結婚を自然に想像できる人なら、きっとあなたの運命の人となり得る可能性を有しているでしょう。