「あなたの運命の人がどんな人か」

 

さて、あなたの運命の人は自分にとってどんな人か?という答えを、あなたが出す時がきたと言えます。

 

もう一度繰り返しますが、運命の人がどんな人かの特徴は、今も無限に、あらゆる人の中で生まれ続けています。

 

あらゆる人のあらゆる不物理的概念の創造が、明日突然終わることはありません。

 

それは簡単な理由で、あなたも生み続けこれからもそうするだろうし、他の人もそれを行っているからです。

 

また逆に他人があなたのそれを止めることはできないし、あなたも他人の創造を止めることは不可能です。

 

自分の運命の人はどんな人か?

 

この創造性の高い、答えのない答えを見つけることができるのは、あなたしかいません。

 

どんな人であって欲しいとか、今の彼氏や、今の結婚相手であって欲しいという期待は、おそらくあまり良い効果とならないでしょう。

 

それは上述のように期待して、そう思いたいとしても、ありはいくらその欲求が高くても、結果は可能性の中であり、どちらでもあるからです。

 

あなたが自分で、今の自分と向き合い、そして明確な答えを出す必要があると言えるでしょう。

 

現実は全て可能性の世界であるなら、つまり、結果はどちらでもあるという前提であるなら、どちらになっても、自分は大丈夫だという明確な答えを、あなたが見つけることが必要だと言えるでしょう。

 

つまり、運命の人の特徴を見つけたり、探すつのではなく、この人と一緒にいれば、どんな状態であっても私は幸せだと感じられる、という明確な答えを自分で確信を持って見出すことが重要だと言えるのです。

 

運命の人がどんな人で、その特徴の全てが当てはまっていたとしても、悪いことは起こるし、良いことも起こるものです。

 

そして結果的にうまくいくか、いかないかは、可能性の中にあるものです。

 

どんな人が運命の人かを全く気にする必要はないとまではいいませんが、どんな人であっても可能性という現実の中で生きていることを、忘れないことが重要です。

 

つまりどこまで気にしても、結果は何も変わらないか、悪化する可能性の方が高まるでしょう。

 

運命の人が非物理的な概念であり、証拠がないということを、あなたが受け入れることができたなら、答えの出し方にもきっと、大きな変化が生まれるはずです。

 

その変化は、あなたのこれからにも、大きく影響していくことでしょう。

 

その変化は概ね、恐れや不安から解放され始め、個室や執着も緩和され、現実をありのままで捉えることができるようになっていることでしょう。

 

あなたはこれから、きっと、自分の導き出した答えに対して、多くの責任感と合意を持って、それを自信と変えられるはずです。

 

なぜなら全ての答えは、あなたの中にしか存在できないのですから。