7「結婚することが、なんとなくわかる」

 

時として直感的に、結婚することがなんとなくわかる、という感覚になることがあります。

 

これもそれを感じている人の、心理と精神状態に大きく関わっていると言えます。

 

上述のように、リラックスして落ち着いた精神と心理状態であるなら、それは直感的な意見だといえるでしょう。

 

一方で感情的であるなら、直感であるとは言い違いものです。

 

結婚することはなんとなくわかっていた、という人は結構いるものです。

 

そしてそれは大体、付き合う前から、あるいは初対面の時に、ということが多いこともあります。

 

多分、私はこの人と結婚するだろう、という漠然とした思いがありながらも、それから数年、数十年が経過することもあります。

 

例えば小学生の時や、幼馴染で、大人になってから恋愛に発展し、そのまま結婚ということはよくあるでしょう。

 

この場合は、幼い頃になんらかの直感を得ていた場合もあります。

 

もちろん、何かのきっかけで、初対面だけど、そのような直感的思考が生まれる可能性もあります。

 

大切なことは、自分がその人の外見や、目で見える部分だけによって、感情が高まっていない状態での意見であり、思考であるかが重要だと言えそうです。