「3男性における運命の人と出会う前兆」

 

男性における運命の人の前兆には、女性とはとても異なる性質があるでしょう。

 

女性の場合は上述したように、求めている感情や欲求を抑える時期が来ることが多く、そしてそれは例え怖くても、おそらく最も効果的な前兆であるといことです。

 

一方で男性の前兆としては、全く予測もしていない出会いや再会が、運命の人との出会いとなる可能性があり、そのような前兆があります。

 

男性の場合は女性に比べると、恋愛や運命の人を求める傾向が少なく、そのためそれに対する欲求もない人が多くいます。

 

運命の人への欲求がないなら、そこに不満や不安、恐怖と言った感情もなく、精神状態もフラットな感じを保っています。

 

また年齢にもよりますが、男性は年齢が重なるほど、思春期の時に体験するような恋愛から遠ざかる傾向にあります。

 

これが男性が最も運命の人と出会いやすい精神状態や脳の状態を作りやすく、その結果、出会うこともあります。

 

しかし問題は、欲求が少ないため、それをつかもうとしないことがあることです。

 

人は欲求が高まるから、それを掴めるチャンスがきたら率先して行動を起こし、掴み取ろうとするものです。

 

欲求が薄い、あるいはない、ということは、チャンスが来てもそれをつかもうという行動を起こそうとしないか、そのきっかけさえない傾向となるのです。

 

だから、そのままスルーしてしまう可能性も、同時に高めてしまいます。

 

しかし、上述したようにこれが実は最も誰が運命の人であるか、それをかなり精度高く知ることにつながる状態でもあるのです。

 

とても皮肉なことに、欲求を高めると行動的にそれを掴みにいきますが、本当に望んだものは掴みにくくなるか、間違ったものを掴みやすくなります。

 

しかし、欲求が低いと、本当に望んだものが目の前にあることを知りやすいですが、掴む必要性を感じないため、あえて行動にも移さないのです。

 

男性が運命の人と出会う前兆には、このようなある胃いみで恋愛において消極的な状態になっていることが多くあるのです。

 

恋愛に対して消極的になる時、欲求がないため、なんら恋愛感情か抱いていない女性や、あるいは抱かないような女性が周囲に多くなっていきます。

 

そしてやがて、その女性の数は集約されていく傾向にあります。

 

最終的には1人の女性になっていき、その人が、運命の人となる可能性が非常に高くなります。

 

しかし欲求が低いので、その女性には恋愛感情を抱いていない場合がほとんどです。

 

一方で女性がその男性に恋愛感情を抱いているとしたら、とても大きなショックとなるでしょう。

 

なぜこのようなすれ違い起こるのか?

 

それこそ、女性は愛されることを求める傾向が強いからと言えます。

 

この欲求が強いことで、欲求の希薄な男性とのすれ違いが起こる可能性を高めるのです。

 

そして男性からすると、恋愛感情とは過去に抱いた恋愛感情がそれであると思っている可能性が高くあります。

 

つまり、例え運命の人が目の前にいて、1人に絞られたとしても、精神的に非常にフラットな状態なので、これがまさか過去を凌駕するような素晴らしい恋愛であるとは全く気が付いていないのです。

 

そしてこれが、男性の運命の人と出会う前兆である可能性が高いのです。

 

男性と女性ではこのように、前兆には大きな差と違いがあるのです。