「独占欲が強い男性の特徴とは」

 

独占欲が強い男性の特徴とは、上述のように、自分の思い通りにしたいという欲求が強い傾向があると言えるでしょう。

 

これが自分の好みのものは、必ず手に入れ、自分だけのものにしたいという欲求を生みやすくします。

 

そして思い通りにしようとするし、それでも思い通りにならない時は、とても心理的バランスを崩し、攻撃的になりやすいと言えるでしょう。

 

 

この世界で、思い通りになることは、思い通りにならないことよりも少ないと言えるかも知れません。

 

なぜなら。自分の思い通りになるには、その実現を手助けする誰かが必要となることが多いからです。

 

自分はお金持ちになりたい、そう思っている人がいるとします。

 

しかしお金持ちになる願望をいくら強く持っても、その人にお金を支払ってくれる人が多くいないことには、彼は一生かけてもお金持ちにはなれないのです。

 

つまり、独占欲が強い傾向の男性は程度にもよりますが、誰かや第三者に対して、自分の思い通りに動いてもらうことを、過度に期待する特徴があると説明ができるでしょう。

 

これが恋愛になると、付き合っている相手には、自分の思い描いた通りに動いてもらい、また自分の希望通りに自分を理解してもらいたいと期待していると言えるかも知れません。

 

そしてそれに背くと、全く相手にしないか、外方を向くこともするでしょう。

 

そのためこのような男性を否定することや批判することは、とても危険度が高いと言えるでしょう。

 

独占欲が強いとは、つまり、自分勝手な特徴があると言えます。

 

話し合って理解してもらえる人ならいいですが、できない人もいることは事実です。

 

そして独占欲の強い人と付き合うなら、それは、その人の思い通りに動かなかったら、自分が否定されることを示唆します。

 

暴挙にも出るかも知れないし、徹底的に非難されるかも知れません。

 

これは相手のストレスと疲労の蓄積度合いによって、大きく異なる特徴と場合があるでしょう。