「浮気のリスクを受け入れ、行動にするために重要なこと」

 

浮気のリスクを受け入れることは、まず上述のことをしっかりと頭に入れることが大切です。

 

浮気をするリスクと可能性は消えないこと。

 

そしてそれを選択したら、内在している他のリスクが浮き彫りになり、それを受け入れざるを得なくんること。

 

これらはずっと消えないこと。

 

これらを踏まえた上で、あなたは復縁をしようとしているのです。

 

そして相手は、あなた以上にきっと、浮気のリスクを理解しているはずです。

 

あなたの浮気リスクを実現しないために役立つことは、浮気から関心が消え去ることだと言えるでしょう。

 

浮気の選択肢と環境があろうがなかろうが、まずそのことに関心がなければ、それを選ぶ気持ちさえ起こりにくくなります。

 

例えるなら、大嫌いな食べ物を、あえて自分からお金を支払って買おうとか、食べようと思わない心理に酷似してます。

 

大嫌いな食べ物は、自分にとってよくない現象を起こすことをよく理解しているはずです。

 

そのため、それを選択することに対し、全く関心も好奇心もないはずです。

 

関心が全くないから、それをあえて選択する気持ちさえ起こらないということにつながりやすくなります。

 

しかし一方で、関心がまだ少しでもあると、それによって獲得できる快楽と快感を手にしようと欲求が高まったり、欲求がさらに関心を高め、その結果として、浮気の選択をする必要性を自分で大きくしてしまいます。

 

浮気から自分の関心を消し去るには、想定される内在リスクが現実のものになったとしても、それを受け入れることが出来るか?

 

ということを常に考えて、習慣化することが重要です。

 

リスクは以下に挙げるだけでも、十分かもしれせん。

 

離婚リスク

訴訟リスク

損害賠償請求をされるリスク

社会的立場のリスク

社会的信用のリスク

次付き合う人との信用リスク

離婚したことによって、様々なことを変更するリスク

生活が一変するリスク

後悔の念を抱き続けるリスク

どれか一つか実現するリスク

あるいは全てが、実現するリスク

このほか想定外のリスク  

 

これらは全て、受け入れることが出来るか、それを習慣的に考えてみることです。

 

この習慣は、あなたにきっと浮気という快楽や快感の欲求を満たすために失っていた理性を、取り戻すことを大いに助けるでしょう。

 

そうです。

 

理性的に、平常心で、よく考えれば、こんなにリスクの高い行為をしないと、誰でも理解し行動にしないことが出来るようになるものです。

 

言い換えるなら、危険な高い場所から、あえて飛び降りようとしないのに似ています。

 

想定される内在リスクでさえ、受け入れることができないなら、浮気という選択をするべきではないでしょう。

 

なぜなら、もっとも重要なことは、想定外のリスクがあるからです。

 

これも可能性に過ぎなくても、その可能性が消えることはないのです。

 

よりよく習慣的に、このことを考えて、理性的に対処できるようにならないと、復縁しても浮気のリスクと可能性が高いままになってしまうでしょう。

 

さらには、復縁する相手の信頼を獲得することは、かなり難しいと言えるでしょう。