「浮気できない女とは」

 
浮気ができない女性というのは、確かにいるかも知れません。

 

ただし、それは結果が必ずしも確証的ではないということは変わりありません。

 

浮気ができない女性とは、傾向として浮気に対する善悪論が強く保有していることがあると言えます。

 

つまり浮気ができないのではなく、浮気に対して罪悪感や嫌悪感などのネガティブなイメージを強く持っているため、浮気をすることは自分にとってある種の恐怖であるという可能性が高いのです。

 

このような罪悪感や嫌悪感などは、幼少期の環境や両親の影響、またはテレビドラマやアニメなどの影響を受けていると考えられます。

 

そしてこれら何らかの環境はその人の中に、浮気とは何か、どのようなことが起こるか、それはメリットがあるのかないのかなどの判断基準を形成していく傾向を強めていきます。

 

浮気をできない女性には、このように幼少期などの頃の環境によって、浮気に正当な価値を感じていないことが多くあると言えるのです。

 

このような環境で長い時間が過ぎれば、それは心理を形成し、行動へと変わっていくことは容易に考えらるものです。

 

しかし、環境は常に一定であることはなく、環境が変わると、例え浮気ができないという心理と価値基準を強く持っている女性であっても、変わる可能性はあるのです。

 

本当に変わってしまうかは、可能性と確率の世界の中にしか存在しないため、そこにおいても確証はありません。

 

ただ、絶対はない、ということがいえ、絶対を信じないことや、それに依存しないことは重要だと言えるでしょう。