「浮気が楽しい女の特徴」

 

浮気が楽しいという女性は、おそらくいるでしょう。

 

この世の中には、いろんな人がいて、そしていろんな人がいていいわけです。

 

さらにたとえ浮気が良くないことだと、多くの人の常識的な知識になったとしても、浮気を楽しめる人は消えることはないでしょう。

 

これは決めたことや、常識的なことなどはあまり関係なく、際限なく、ありとあらゆるものが創造され続けるこの世界において、止めることができない事実でもあるのです。

 

しかしこの無限の創造的な環境は、浮気が楽しいという女性の性格を、いとも簡単に変えてしまうことだってあるのです。

 

浮気が楽しい女性の中には、多くの場合で、自尊心の欠如があると言えるかも知れません。

 

自尊心とは、自分が自分として存在していいという心であり、自己認識であり、アイデンティティの一つと言えます。

 

自尊心に欠如している傾向がある場合、自分が自分でいいとか、自分は自分だということを許容していることが少ない傾向にあるでしょう。

 

そしてそのような傾向の人は、大抵の場合、自分の内的な評価が、外的な評価に一致していることがあります。

 

もう少し詳しく話しましょう。

 

自分の内的な評価とは、例えば、自分は料理が得意だという自負があったとします。

 

これは自分よりも料理がうまくない人の前では、この自尊心はうまく機能します。

 

ところが、遥かに腕の良い友人が出現した時、自分の料理の自信や自負、自己評価が著しく下がることがあります。

 

この時、同時に自尊心を失い、自己評価は低くなります。

 

つまり、自分の評価が、自分の内的なものと外的なものが一致していると、外的に起こる現象によって自尊心が傷つけられたり、あるいは増幅したりするということが起こりやすいのです。

 

この例で言うと、自分よりも料理が得意な友人の出現という外的要因によって、自己評価も連動して低くなり、自尊心を失ったと説明できます。

 

これは精神的かつ心理的なバランスにとても欠くものだと言っていいでしょう。

 

浮気が楽しい女性は、もしかすると、内的な自分と外的に起こる現象を一致させていて、内的な自分を満たし続けるために、浮気を繰り返している可能性が示唆されます。

 

このようなタイプの女性に、必要なことはおそらく、自尊心の確率であり、自己認識を素直な形にすることでしょう。