「浮気ができる社会と環境は、基本的にストレスと疲労の世界」

 

浮気ができる社会に、多くの人は自分を置いているでしょう。

 

これによって浮気の可能性は整っています。

 

そして次に、浮気を実現させてしまうことは、実は、この社会が基本的に人のストレスや疲労を蓄積しやすい世界や環境であると言えることです。

 

わかりやすく一言で言うと、浮気と言う選択肢を選んでしまうのは、ストレスと疲労の蓄積によって、その多くがなされることがあると言うことです。

 

これは男性も女性も問わず、人の身体的な機能には、ストレスと疲労の蓄積によって、自律神経のバランスを乱し、その結果、理性が抑制されやすくなり、浮気という快楽と欲求への暴走を決断してしまう傾向を高めます。

 

浮気はある個人の、自己規律や、約束、ルールなどによって、制御ができると考えられがちですが、ストレスと疲労の蓄積によって、これは脆くも崩れ去ることが往々にしてあります。

 

規律や約束、ルールに従えるうちは、人は理性的思考と判断ができていることがあります。

 

しかし自律神経の乱れは、これをとても抑制するのです。

 

浮気ができる環境で、浮気をしない人や、まだその選択を選んでいない人は、まだ理性的に浮気のことを処理していると言えます。

 

しかし、男性も女性も浮気をしてしまうほど、自分がストレスと疲労によって、理性が失われていると、これは簡単にその選択に流れてしまいやすくなります。

 

では社会に出ないようにするべきかと言うと、全くそうではありません。

 

自分の本当の判断力、つまり理性を取り戻すには、ストレスと疲労を抑制することが重要で、自分を抑制することはこの結果によって、自然と可能となることなのです。

 

間違っていけないのは、自分を先に抑制することかもしれません。

 

これはストレスと疲労まみれの日常や自分に対して、さらなるストレスと疲労を加えることに繋がります。

 

このほかにも、懲罰的手段もあまり良い効果を発揮しないでしょう。

 

浮気ができる社会に居続けるなら、浮気への関心を完全に消し去ることであり、捨て去るこおとです。

 

これは理性が為せる技であり、理性は疲労状態では最も抑制されている状態だと言えます。

 

自分も、相手も、とにかくストレスと疲労の改善を優先することが効果的だと、当サイト(マインディスト KEN)は考えます。