「本当に縁がある人について」

 

本当にご縁がある人について、あなたはどのような印象や意見を抱いているでしょうか?

 

そしてご縁があるかないかを、どのように判断しているでしょうか?

 

例えば付き合ったけど、結婚出来なかったからご縁がないと思うのか、それとも結婚出来たからこの人とはご縁があると思うのか、いろいろな意見があることでしょう。

 

ご縁があるかないかは、おそらく、それに固執して考えたり、あるいは何かの判断基準にしない方が良いと言えるかも知れません。

 

それはなぜか?

 

それは、事実とはかなり関係のないことであり、ご縁というものがあるとしたら、人は自分の好んだ人だけと付き合う傾向にあると言えるからです。

 

そしてこの傾向は、年齢に比例して、顕著になる場合が多くあります、

 

例えば熟年離婚という言葉があるように、何十年も一緒にいた人が、最後に離婚してしてしまうことがあります。

 

何十年と一緒にいるときはきっと、ご縁を感じていたことでしょう。

 

しかし最終的な離婚という結論となった時、そのご縁はどうなるのでしょうか。

 

この人とはご縁がなかった、そう結論づける人がいるとしたら、それまでのご縁はなんだったのでしょう。

 

これは重要な疑問です。

 

つまり、人はご縁というものを、自分の都合よく現実にしようしている可能性があるとい位得るのです。

 

本当にご縁があるとかないとか、それを基準にすると、ただ変化し続ける現実や結果に順応にそれを用いてしまうことに繋がります。

 

言い換えるなら、結果によっては、ご縁があるのかないのかが、コロコロと変わるということです。

 

これは結果にのみ右往してしまう自分になりやすく、何かを実現していくことや、理想や自分の希望を実現していくことを困難してしまうでしょう。

 

あなたにとって大切なことは、時間をかけて、幸福になることではないでしょうか。

 

 

それを考え直してみると、きっと、あなたの望んだ答えを見つけることにつながるでしょう。