「運命の人は既婚者でも必ず結ばれるのか?」

 

運命の人は既婚者であっても、結ばれるのか?

 

この問いに対して、もうあなたの答えは概ね出ていることでしょう。

 

それを決めるのは、自分だと言うことです。

 

そしてもし、あなた自身が今現在で、運命の人を既婚者のあの人だと思っているなら、それは考え直したほうが良いかもしれません。

 

自分が本当にそれを望んでいるのか、それとも、欲求的な高まりでそう思いたいだけではないか、この区別はしっかりとしておくことが重要です。

 

さらに既婚者をそのように思い続けることには、通常とは異なるリスクがあることも、しっかりと確認と覚悟した上で、自分の行動に責任を持たなくてはならないでしょう。

 

リスクという考え方は、欲求が高まっているほど、無視してしまいがちです。

 

しかしリスクはどんなことにも潜んでいるものです。

 

どんな恋愛にも、どんな考えや概念にも、それは存在しています。

 

既婚者を運命の人だと思い続けることにおけるリスクは、ここであえていうまでもないでしょう。

 

問題は、そのリスクが実際に現実となった時に、それを受け入れることが本当にできるかということを、自分の中で明確にしておかなくてはならないことです。

 

リスクが現実のものになる場合はあります。

 

それは上述にもあったような、隣人が急に自宅を売り払い、アパート業者がアパートを建てることに似ています。

 

隣の人がどんなことをするか、それを知ることも止めることもできないものです。

 

実際にそれで土地の争いなどは、各地で起きていることでもあるでしょう。

 

既婚者の人を、自分の運命の人だと思うことも、実感することも可能です。

 

上述もしましたがそれは、あくまで個人的な自由であり、個人の創造的思考と解釈であるからです。

 

それを他人が止めることはできません。

 

止めることができるのは、あなたであり、進めることができるのも、あなただけなのです。

 

それをしっかりと理解した上で、改めて、運命の人が既婚者であって良いのかを考えても良いかもしれません。

 

以下のリンク先は運命の人が既婚者の場合について、詳細にご紹介しいます。

 

運命の人が既婚者

 

あなたの悩みの改善に、少しばかりの助けになる内容となっているでしょう。