「既婚男性の心の浮気の理由4 ストレスと疲労で理性が抑制されきっている」

 

既婚男性の心の浮気の理由として、ストレスと疲労の蓄積があるでしょう。

 

これは上述にもあるように、ストレスと疲労の蓄積は何も仕事や人間関係だけでなく、家庭内でも起こりえているものです。

 

多くの場合で人は、ストレスと疲労から逃れることができない状況だと言えます。

 

これは夫のみならず、妻も同じ環境にいると言えるでしょう。

 

ここでは既婚男性の心の浮気について言及しますが、このようなストレスと疲労の蓄積は交感神経を優位にし、これはやがて快楽と欲求の暴走を招きやすいことがわかっています。

 

これが最終的に法律的な浮気、つまり不貞行為に及ぶこともあるかもしれません。

 

しかし心の浮気に止めることもあり、それによってストレスと疲労の解消、つまり快楽と欲求を解放することによって、これを実現している可能性があります。

 

もし、夫あるいは妻も、ストレスと疲労の蓄積見られるなら、快楽と欲求が暴走する前に、これらを他の形で解消する必要があるでしょう。

 

しかし嗜好品や刺激物の摂取、あるいは他の刺激的な行為という手段では、根本的には解消できないことがあります。

 

ストレスと疲労を回復するには、睡眠がとても効果的です。

 

これを2人で話し合い、お互いが深くて、質の良い睡眠をできるように協力し合うと良いでしょう。

 

ストレスと疲労は夫を夫ではなく、妻を妻ではなくしてしまうほど、人を変えてる要素になり得ます。

 

心の浮気が本気になる前に、対応すると良いかもしれません。