「既婚男性の心の浮気の理由3 男性ホルモン的な関係」

 

既婚男性が心の浮気をしやすい理由には、男性ホルモン的なことが関係している可能性があります。

 

これは、テストステロンというホルモンが特に関係が深いと言えるでしょう。

 

テストステロンは本来、男性の異性への欲求を高くさせる作用や、筋肉を付きやすくする作用があり、また男性らしさを象徴するホルモンだと言われています。

 

これは女性にも分泌されているのですが、男性の10分の1程度にとどまっています。

 

つまり男性はこのホルモンの作用によって、異性への欲求が女性よりも高まりやすいことが言えるのです。

 

このホルモンが心の浮気に関与しているかは定かではありませんが、その傾向を高めることはあるでしょう。

 

そしてテストステロンの分泌量が高い男性は、往々にして、女性からモテる傾向があるのです。

 

これは女性が男性に魅力を感じるホルモンであるため、女性の方から男性に近づいてくる可能えいを高めてしまいます。

 

そして男性のテストステロンは唾液や吐息、飛沫などにも含まれていて、それを女性が吸収することによって、女性も異性への欲求が高まってしまう作用があるのです。

 

これらのことから、心の浮気のリスクを高める要素として、このような男性ホルモンが関係している場合が考えられます。