「恐怖感を乗り越えて、運命の人と出会うとどうなるか」

 

それでは、上述のように欲求や感情、そして恐怖を乗り越えて、運命の人と出会うとどうなるか?

 

これはきっとあなたにとって、非常に興味深い疑問のはずです。

 

恐怖感がなく、運命の人と出会えた場合、おそらくほとんどのケースで、好きといった恋愛感情を抱かない可能性があります。

 

恐怖感がないなら、そこに安心感を求める欲求もありません。

 

欲求がないから、2人はかなりの可能性で、理性的に相手を見て、そして理性的にその人が自分の人生に必要な人で、大切にするべき人かを試行している可能性が高くあります。

 

運命の人に出会うと、それは自分の感情が沸き起こるというよりも、自然体でいられることが多いのです。

 

また2人の中には恋愛感情というよりも、パートナーとしての認識が強くあるものです。

 

人生を共に進み、そしてたくさんのことを共有し合うパートナーであり、それができる2人であるという確信を持っていることでしょう。

 

しかし、人は恋愛感情に支配されやすい傾向があるのも事実です。

 

なぜなら、人の脳機能と感受性は、感情的なものに対して、事実だと判断するようにできているからです。

 

感情を伴った体験は、記憶として非常に色濃く刻み込まれ、そしてこれを基準にあらゆる子音を判断していきます。

 

例えば犬に噛まれたなら、犬を怖くなるでしょう。

 

問題は、次に出会う犬にも同じ基準で考え、怖くなることです。

 

以前自分を噛んだ犬と、次会う犬は性格も特徴も全く異なるのに、全ての犬に恐れを抱くように脳は仕向けていきます。

 

何が言いたいかというと、これは事実ではないことが多い、ということです。

 

今回の犬はとても友好的なのに、それが事実なのに、その人は避けるという行為を反射的にしてしまうからです。

 

事実とは異なる行為を、もしかしたらあなたもしている可能性がある、ということです。

 

だから、恐れを抱いて運命の人を追いかけるのは、あまり効果的ではないばかりか、欲求を高めてしまうこととも効果的ではないのです。

 

脳があなたを感情的に仕向け、欲求以外を何も見えなくさせ、さらにそれが事実だと信じ込ませるだけの力が、人の脳にはあるということです。

 

恐怖感を乗り越えるには、欲求が高まっているなら、それを穏やかにし、手羽していくことが重要です。

 

 

そして、そのように本当のあなたらしさが取り戻せた時、運命の人と出会ったら、今までとは異なることをきっと感じることでしょう。