「恋愛がトントン拍子なのが怖い、不安」

 

恋愛がトントン拍子になるのが怖い、不安だ、ということもあり得るでしょう。

 

これもまさか自分がこんな素晴らしい人と一緒になるなんて、とか、自分は良い恋愛などできない、という信念が強くあると、現実と心理のギャップによって不安と怖さが生まれる可能性があります。

 

上述の通り、もしあなたがそのような不安と怖さを実感しているなら、あなたには自分が恋愛で幸福を手にできるとは思っていないか、あるいは自分には幸福な恋愛は不可能だと思っている可能性があると言えます。

 

この心理と現実のギャップは、とても矛盾した行為をしてしまうことにさえ繋がります。

 

そして、どっちの自分が最後は勝利するか、という結果を待つことになるでしょう。

 

つまり幸福な恋愛を味わっている自分か、または、元の通りの自分か、という二つの結果になると考えられます。

 

そして多くの場合で、元の自分が勝利を収める可能性というのは、高いものです。

 

なぜか?

 

それは元の通りの自分が、実は、とても居心地よく感じやすいからです。

 

さらには脳機能t形な側面からも、新しいことや、新しい環境というのを拒む傾向があるからです。

 

人間の脳は、以前の環境や記憶している環境を前提に、どのように生きていくべきかを合理的に思考しようします。

 

環境が変わると、それまで蓄積したことが通用しなくなったり、通用しない環境にいくことに、とても大きな不安と怖さを抱かせる傾向があるのです。

 

例えば引っ越しなどをしたり、転職などで、新しい環境に初日からポジティブな心理で挑み、これまでと変わらないことをできる人は少ないでしょう。

 

最初は様子を羽化がながら、徐々に慣れていき、そして気が付くと順応しているという場合が多くあるでしょう。

 

このように変化とは、自分がすでに抱いている不安と怖さを、実はそうではないのだ、と脳に少しずつ教えていく必要があると言えるのです。

 

恋愛がとんとん拍子で怖いのも、それに慣れていくことが必要で、あなたがもし、幸せな恋愛をしていきたいなら、自分で自分に教え込んでいく繰り返しが重要となるでしょう。

 

そして、あなたとあなたの脳や記憶が、それを受け入れるようになった時、現実はきっとさらに変わって見えることでしょう。

 

自分は幸福になって良いこと、自分が幸福になることは難しいことではないことを、受け入れらるようになるでしょう。