「復縁後も完全に自分の選択を納得するには」

 

自分の選択したことを復縁後も納得するためには、復縁する前に感情を完全に沈めた状態で、この復縁について考えることであり、理性的に考えた結果、納得と合意をすることだと言えるでしょう。

 

復縁してからではなく、復縁する前に、これは行うと良いでしょう。

 

またもし仮に、復縁してからだとしても大丈夫ですが、感情を抑えることには少し苦労するかもしれません。

 

なぜなら感情を抑えるということは、彼(逆の場合は自分)がした浮気も、彼が好きだという気持ちも、復縁したいという気持ちも、復縁したくないという気持ちも、何もかもを忘れるくらいにする必要があるからです。

 

つまり簡単にいうと、距離をおく、ということになるでしょう。

 

距離を置いて、彼のいない生活にまず慣れてみることや、彼との生活がどれだけ自分にとって重要性があるかを、極めて冷静な心理と思考で、判断することが重要だと考えます。

 

なぜなら、理性的に出すことができた答えは、すでに当然のものだという納得が行っていることが多くあるからです。

 

例えば、過去に自分が犯した失敗について考えた時、あの時は仕方がなかった、という納得のいく答えがあったとします。

 

このように仕方がなかったという意見になるには、時間がかかったかもしれません。

 

しかし過去の失敗について、このように納得のいく答えが出ていたとしたら、それを再び振り返っても何も感情は沸きおこらないはずです。

 

これは失敗したことにも納得していて、それは仕方がなかった結果にも納得と合意をしているからであり、引きずっていない心理状態と言えます。

 

できれば復縁する前に、このような心理状態になることが望ましく、復縁をするときは自分の完全なる意思によって、彼とまた付き合いたいということが優先されていることが重要なのです。

 

つまり浮気をされて、あらゆる損失を受けたけれど、それよりも彼と一緒にいたいということに、心底納得していることが必要なのです。

 

過去の浮気の損失など、もう取り返す必要などない、そんなことはもういらない、ということに合意をしいる必要があるのです。

 

復縁後も、2人が幸福でいることや、さらに良い関係になるには、過去は全く振り返る必要はないし、またその行為は無意味だと言えるでしょう。

 

復縁後も関係を良くしていくのは、浮気をして罪悪感からあなたに気を使っている彼ではありません。

 

自分だという認識が重要です。

 

自分で復縁したいと思い、自分で復縁することに納得して、自分の中でこの決定に完全に合意している、ということを自分に言えるかどうか、これを試してみると良いかもしれません。

 

復縁後は過去の浮気など関係ない、そう思えるなら、とても良い復縁になるでしょう。

 

そして新しい2人の関係が、これから始まるのです。