「彼女に浮気されたが、まだ好き」

 

彼女に浮気されても、まだ好きだという気持ちが残っていることもあるものです。

 

浮気よりも彼女と一緒にいることが、自分に取っては必要で、大切なことだという、とても硬い決意や愛情がないと、このような好きという感情は残らないことでしょう。

 

もし、あなたがその立場だとしたら、彼女の浮気よりも、一緒にい続けることに強い願望や素晴らしさを感じているのかも知れません。

 

これによる結果は、あなたが自分で責任のある対応をすることに完全に委ねられます。

 

これから先、また浮気されるなど、どんなことが起きても、この時の選択も彼女も責めないという覚悟と決意があるなら、とても素晴らしい選択なる可能性があります。

 

そして何よりもこれら覚悟のある決意は、彼女の何かを変えていくことにつながるかも知れません。

 

人は失敗をして、初めて気づかされることがあります。

 

それらは特に、自分の軽率さ、人間性、有頂天になっていた恥ずかしさなど、欠けていた何かを多く気がつくことがあるものです。

 

そしてもし相手の人がそれらに向き合う機会が訪れた時、本当に自分が望んでいた方向性に自分は進んでいなかったことに気がつかされることがあります。

 

例えばその場しのぎや、その場の気分によって、あらゆる答えと行動を選択してきたことや、本当は純粋な恋愛や幸せな恋愛、愛情の深い付き合いをしたかったのに、全く逆の可能性を高めることばかりしてきたことなど、これらに気がつくことになります。

 

それら結果的に浮気という行動に発展し、相手との信頼関係に著しく亀裂を刻んでしまったことに気がつくかも知れません。

 

失敗と後悔は、人を変えるきっかけとなり、それを受け入れる深い愛情は、その人がこれからはしっかりと付き合って行こうという下支えにもなり得るのです。

 

きっとあなたも辛い気持ちがあるでしょうが、そのさきにある、あなたの未来、あなたが成し遂げたいこととマッチしているのなら、浮気を許し、そしてずっと相手のことを好きでいるという選択は、素晴らしい結果となる可能性があるでしょう。