「尻に敷かれる男性が浮気のスイッチが入る時」

 

尻に敷かれる男性が、浮気スイッチが入る時とは、上述のような交感神経が優位になり、それに加えて、理性が抑制され、欲求と快楽の暴走をしたくてたまらなくなった時だと言えるでしょう。

 

このスイッチは誰にもあるものです。

 

つまり言い換えるなら、男性を尻に敷いているから、浮気のスイッチを入れてしまったとも言えるのです。

 

男性は尻に敷かれようが、敷かれまいが、自分の人生をしっかりと持っていて、幸福にしたいという欲求と願いを持っているのは、同じなのです。

 

尻に敷く、つまり、男性の人生への欲求と願望を軽視した態度をすることは、これを望んで受け入れられることはとても苦痛を伴うものです。

 

そして浮気のスイッチが入った時はすでに、尻に敷かれている環境から逃げ出したいという思いが強いことでしょう。

 

このスイッチを入れないまま、さらに男性を尻に敷き続けることは、おそらく不可能だと言えるでしょう。

 

そんなことのために、自分は生まれてきたわけではないと、男性が思った時、かなりの確率で今の環境から逃げるか、拒絶するか、破壊しようとするでしょう。

 

もしあなたが、男性を尻に強いているなら、あなたもこのような2人になることや、あるいは2人の幸福がこのような結末になることかを、よく考えた方が良いでしょう。

 

きっと2人で幸福になるために、一緒になったはずであり、男性を自分のいうことをいくためや、苦しめるためではないはずです。

 

浮気のスイッチは、ストレスであり、そこから逃げ出すという暴走的な行為でもあります。

 

これにはしっかりとした原因を、男性側は持っていることでしょう。