「6運命の人と出会う前兆 夢」

 

運命の人と出会う前兆の中に、夢で知らない人が現れ、その人が運命の人だったり、あるいはすでに知っている人が頻繁に出てきて、その人が運命の人となったりすることがあるようです。

 

夢の中で出会う人には、確かにそれなりの関係性があると言えます。

 

なぜなら夢とは、記憶の整理とも言われており、上述した感情を伴った記憶は特に、夢や寝ている時に整理されていることが多くあるものです。

 

例えばテスト勉強で徹夜すると、とても多くの学習時間と機会を増やすすことができます。

 

しかし結果的に、翌日あるいはその後に覚えていることは多くはなく、生産にはつながらないことがわかっています。

 

つまり寝ている時というのは、起きて活動していたことを記憶に宿す働きがあることは、明白な事実の一つ問えいます。

 

では人間関係や、運命の人とはどのような関係性があるのでしょうか?

 

人は実は、顕在的な意識の他に、潜在的な意識を用いて、人を判断していることがあります。

 

顕在意識な部分とは、例えば、見た目や、話す言葉、あるいは雰囲気などを判断していることが多くあります。

 

そして潜在的な意識の領域では、全く自分でも考えてもいない内容や基準で、相手を見ていることがあるのです。

 

これは顕在的な意識と異なり、普通にしていると全く知る手立てがないばかりか、知ろうとする間に日常的な忙しい時間の中で、ほぼ触れることなく過ぎ去っていることが多くあるのです。

 

夢とはこれら二つの意識が重なり、総合的な判断をして、記憶に宿す過程において映像化されたものだと言えるでしょう。

 

そこで例えばある人物が夢に出てきたというのは、顕在的にも潜在的にも何かしらの意味があると言えるのです。

 

これをすぐに運命の人だとは決め付けることはできませんが、その可能性があるというなら、その夢を見ている時の心理によく着目することが望ましいでしょう。

 

もしその夢を見ていて、思い出せる心理がとても穏やかで、リラックスができて、そして安心感が自然と膨れ上がってくるなら、または夢の中でもそのような状態なら、運命の人である可能性があります。

 

上述のように、運命の人はあなたの欲求や感情を高める人というよりも、理性的で普通の状態のなかで見つけることができる可能性が高いものです。

 

そしてそのような普通の精神状態なのにもかかわらず、副交感神経が優位になるくらい、安心感やリラックスが生まれる人は、おそらく他の人に比べると、あなたにとって特別な存在である場合が多くあります。

 

夢で誰かが出てきたら、まずは夢を見ていたときの自分の心理がどのようなものだったか?ということを探り、その次に夢を思い出している時の現在の心理にどのような変化が起きているか?といことにも着目してみると良いでしょう。