4「初対面で結婚するかもという直感について」

 

初対面でもこのような直感が働くことは、大いに考えられます。

 

そしてその多くは、本当に結婚していることもあるようです。

 

この理由や原理というのも、上述と同じことが言えます。

 

つまり、心理的にリラックス状態で、創造的な思考が優位になっている時に、このような直感が生まれたなら、それはもしかすると、本当に実現するかもしれないし、素晴らしい結婚相手になるかもしれません。

 

ただその人が運命の結婚相手だあるということよりも、その人を見た瞬間、あなたは平然とした心理状態の中で、何かを感じ取ったことを示唆しているものです。

 

当サイト(マインディストKEN)の考えでは、運命であるかどうかは、自分自身が決めることという考えですが、直感というものは、その人の心理的な状態に大きく左右されるものであり、特に平然としている心理状態の方が直感的であるといえるのです。

 

例えば初対面の人に、私にはきっとこういう人が合っているんだ、と無意識にそのような思考が突然湧いてくることがあります。

 

これは直感的な要素だといえ、同時にとても創造性の高い精神と心理状態であると示唆できます。

 

創造性の高い状態になると、何かしらを感じたり、ふと何かの答えに到達したような体験することが多くなるといえるでしょう。

 

初対面で結婚するかもしれない、ということを感じる時に、ふとそれが答えがわかったように感じとったり、または、自然と想起させられた場合は、直感が働いといえる可能性が高いのです。

 

ただし、それがその通りの結果となるとは、保証されているわけではないことは忘れない方が良いでしょう。

 

直感が必ず当たるとは限りません。

 

また相手の方が、全くそのような直感が働いていない場合があるのです。

 

例えば他の人に夢中で、感情的になっている時は、あなたに対しても、また夢中になっている人に対しても、直感が働きやすい状態ではないでしょう。

 

この世の中は、可能性の世界であり、確率的に決まる環境です。

 

直感が正しいと証明できる方法もなければ、間違いだと証明できる方法もないのです。

 

ただ直感的に結婚を感じたのなら、その可能性は高いだろう、ということを示しているに過ぎないし、それくらいしか、この世界で暮らしている私たち人間にはできないことなのです。

 

その可能性を確実性の高いものへ上げていくには、直感を頼りにした地道な行動が重要であることは言うまでもないでしょう。