「元彼が運命の人を診断する占いは当たるか」

 

元彼が運命の人か、それを気にする人にとっては、占いでその答えを知ろうとすることは当然のように思えます。

 

当サイト(マインディストKEN)の考えでは、運命の人であるかどうかは、本人以外がその証拠も確証も得ることはできない、という考えです。

 

よって、占いで運命の人を診断しても、本当の納得のいく答えは自分で決める他ないと言えます。

 

しかし占いの内容によって、気分が上がり、ポジティブになることもあるでしょう。

 

そのような場合は、元彼が運命の人だという自信が持てたりして、幸福感が高まることでしょう。

 

しかし、そのように誰かの、あるいは他人の意見や診断によって、運命の人を信じるかどうかを心理的に左右されるのであれば、すでに心理的なバランスが崩れている可能性があります。

 

つまり、占う前からすでに、心理的バランスが崩れていると言え、それは占っていても、いなくても運命の人が誰なのかを自分で把握できるような状態ではない可能性が高いということです。

 

自分の心理状態が冷静で理性的でないと、おそらく運命の人のような目に見えない、とても創造性の高い領域のことを理解できることは少ないでしょう。

 

その理由というのも、脳機能が理性的になるほど、実は創造的思考ができていること一部でがわかっているからです。

 

占いや占い師さんの意見によって、気分のうき涼みが起こる状態にあるなら、それはもはや創造性があるのではなく、とても恐怖感や緊張感、そしてストレスに支配されていると言えるでしょう。

 

だから、占いの答えによっては、それに過剰に反応し、興奮するか、あるいは、落胆したりすると言えます。

 

運命の人を占いで頼ってばかりいたなら、これをきっかけに、自分でその答えを出そうとしても良いでしょう。

 

その正確性はともかく、何よりもまずは、元彼が運命の人かどうかの確証を手にしようと試みる思いから、幅れることが重要です。

 

それはまず、手に入りません。

 

とても時間の無駄か、心理状態を不安てに自分でしていることにつながります。

 

 

さらに言えば、そのような精神と心理状態で、占いに頼っても、正確な答えを誤ってしまう可能性さえあります。

 

創造性の領域のことは、その人本人でしか、答えを見出すことはできないものです。

 

そのためには、まず、自分を創造的な状態にすることが重要なのです。