「これからどうするべき」

 

妻が浮気し、責めることなく、元に戻ってもらおうとするとき、とにかく相手にはよく休んでもらうことが重要だと言えます。

 

これは妻自身が浮気をしたことを、自分でより理性的に考えたり、理性的な判断をするためにも重要なプロセスにもなるでしょう。

 

例えばもし今、妻の浮気について2人で話し合うとしたら、いまだに交感神経の優勢が高い状態であると、これは主張のぶつかり合いになる可能性があります。

 

妻には休んでもらい、そしてあなたが夫である場合は、妻が冷静さを取り戻したら自分はどのような決断をした方が良いかを、よく考えておくことに時間を費やすことが重要です。

 

今の妻の姿、言動、行動には、欲求や快楽を満たしてストレスや、その脅威から自分を守るという合理的な思考が強い傾向があります。

 

合理的な思考は、その正当性を訴える強い主張と、自分の判断への正義感と妥当性が高いという内容に自信を持っている状態とも言えるでしょう。

 

そのような状態で話し合うことは、せっかくのこれまでの2人の関係性や不妊への努力、そして幸福の可能性さえ、全く無意味なものにしてしまうかも知れません。

 

 

とにかく妻がよく寝ること、よく休むこと、よく食べることなど、とにかく普遍的に人が持っている欲求をしっかりと満たしていく方が、回復は早くなるでしょう。

 

 

そうして回復した時に、あなたの考えもまとまった状態であることと、妻の本当の姿と理性と思考による話し合いの機会を作った方が、とても創造的な話し合いになることでしょう。