スキップしてメイン コンテンツに移動

浮気するお相手 サイン 特徴 チェック よく使うフレーズ 浮気ラインなど解説

 浮気するお相手のサインや特徴、チェックなどをご紹介します。

もし皆さんが浮気するお相手あるいは、その疑いがあるなら、きっとここから先の内容を読むと驚きを隠せないでしょう。

皆さんの力になれたなら、これに勝る喜びはありません。




※  今月まで5000円分無料で
できる電話占い




あなた
いつまで苦しみますか?





浮気する女性のサインや特徴とは

浮気する女性やお相手のサインや特徴には、どのようなものがあるのでしょうか。

皆さんはきっとそれを知りたいと思っていることでしょう。

当サイト(KEN)が考える浮気をする女性のサインや特徴を、いくつか参考までにご紹介していきます。

まず以下の通りの特徴やサインがある時、浮気する可能性があると言えるでしょう。

・刺激が好き。または刺激的なものに弱い。

・お相手氏のファッションセンスや容姿を変えようとする。

・自己愛性が強い。

と言うものです。

これらの特徴がある時、または、これらの兆候が見られる時は、後々に浮気する女性である可能性があり得ます。

では一つずつその理由をご紹介しましょう。

まず、「刺激が好き。または刺激的なものに弱い。」と言う特徴とサインについてですが、このような特徴を持つ女性は、基本的に欲求的快楽に弱いか、または耐える精神力と理性的な判断に乏しい可能性があります。

刺激が好きと言うのは、もっと詳細に言うと、非日常体験に心を奪われやすいかどうか、と言うことです。

そして心を奪われやすいのなら、それはやがて、本当に心を奪われる結果を招きやすいのです。

それはなぜか?

なぜならこのような人は、非日常に対して理性を失いやすく、あとさきの判断をしない傾向にあるからと言えそうです。

そして同時に概ね人は、日常からいつも脱却を試みており、逃避願望があるからです。

この逃避願望を実現し、そのさきに本当の幸福が待っているかも知れないと、浮気する女性は幻想を抱きがちなところがあるでしょう。

それを見極める一つの傾向と特徴として、刺激的なもの、非日常的なものや体験に心を奪われやすいかを見ると良いでしょう。

次に、「お相手氏のファッションセンスや容姿を変えようとする。」と言う特徴とサインについてです。

このようなことをもし、お相手が求めてきたなのなら、すでに不満を抱えていると言っても良いでしょう。

しかし、皆さんがいつもボロボロな格好をしていて、それは直して欲しいと言う場合は除くと良いでしょう。

気をつけるべきサインとしては、自分好みに、皆さんの容姿を変えようとする女性だと言えそうです。

このようなタイプの女性は、自分のお相手氏やパートナーを基本的に、自分のアクセサリーのような感覚を持っている傾向があります。

もちろん程度にもよりますが、このような女性は、自分の友人のお相手氏と皆さんとを比較し合っていたり、それによって劣等感や優越感を抱きやすいことがあります。

これは皆さんと付き合っているのではなく、比較対象物と向き合い、付き合っていると言ってもいいでしょう。

多くの場合で、これを指摘したとしても、「そんなことはない」と自己防衛の意見と主張をされますが、皆さんを愛しているなら、自分好みに皆さんを仕立て上げる必要はないでしょう。

これは矛盾点として感じざるを得ない違和感であり、おそらく本当に矛盾している可能性があります。

つまりお相手はすでに、皆さんに不満足を感じているかも知れない、と言うことです。

この不満足感をどうにかしようとして、皆さんを変えようとしているなら、満足に皆さんが変化しなかった場合はどのような行為になるかを予測してみると良いでしょう。

いずれにしても、結果は結果が出てみないとわかりません。

ここではあくまで、特徴的かつサインがあるとしたら、その傾向があるとしか表現できないものです。

最後に、「自己愛性が強い」と言う特徴です。

これがおそらく、上記のどれも抑えて、ダントツに浮気をしやすい女性の特徴と言えるでしょう。

女性に限らずですが、自己愛性が強いと、基本的に自分軸で物事を見て、判断する傾向が強くなります。

自己愛性とは、自分が特別な存在や、選ばれた存在で、そうではなくてはならいと言う意識と思考がとても強いと言う特徴があります。

そしてそれを実現させている人は好み、それ以外の人は否定することが多くあります。

加えて自己愛性の強い女性は、自分が浮気をしているとか、それが悪いことだとかの意識が低いと言えそうです。

なぜなら、それが自分にとっては当然の価値であると、本当に信じていることがあるからです。

歪んだ自分の認識だと言えそうです。

そして最も重要なことは、自己愛性の強い女性と仮に、皆さんが付き合ってしまったとしたら、おそらく多くの場合で、傷ついて終わる可能性が高いと言えそうです。

自分の思い通りにならない現実が続き、そのストレスに耐えられなくなると、浮気、不倫へと発展しやすい心理を持っているでしょう。

これは、しっかりと注意して観察することが良いでしょう。

お相手の浮気チェック

お相手の浮気チェックとして、当サイトは、基本的な指針をご紹介しています。

もちろん、これがとても的確で、正しい答えだとは言い切れません。

しかし浮気をしている女性とは、言動と行動が矛盾していることがとても多くあるのです。

そのため、皆さんにお勧めできるお相手の浮気のチェックとして、お相手の言動と行動の矛盾に気がつくことが大切だと言えそうです。

これは重要なチェックだと、当サイト(マインディスト KEN)は考えています。

時として人は、自分の都合の良い解釈をしている傾向があります。

これは言い換えるなら、お互いがそう言う気質を持った人間であり、人間的とはそのような傾向があるものです。

都合の良いことを考え、希望を抱き、その中にいたい、と言うのはある種の現実逃避ですが、これが重なっていくと人間関係に矛盾を生じやすくなる場合があるのです。

この矛盾は、浮気をしているときは特に、バレていないだろう、きっと大丈夫だ、と言う都合の良い解釈が重なっていくことによって表面化する傾向があります。

つまり、矛盾点に気がつくとは、それをすぐに指摘するのではなく、相手がバレていないと都合よく解釈することを待つ必要があり、それはきっと、表面化していく可能性が高いのです。

ただ注意すべきは、感じた矛盾点を放置しないことだと言えそうです。

なぜなら、皆さんにも、自分の都合よく捉えてしまう性質や習慣がある可能性が高いからです。

例えば矛盾点を感じたとしても、「大丈夫だろう」「気のせいかも知れない」「まさか・・・」と言う処理を続けてしまうと、浮気に全く気がつかないことにつながってしまいます。

また矛盾をチェックする場合は、概ね、チェックする人は我慢を強いることが多くあるものです。

矛盾を感じたら、それが何で、いつ、何が矛盾していたのかを、根気よく見つけていくことが、良い浮気のチェックとなるでしょう。

「浮気する女性の行動」

浮気する女性の行動の中には、上述のように、言動と行動に矛盾があることが多くあります。

特に行動としては、どこに行くとか、誰と行くとか、何の用事だとか、それまで皆さんに伝えていたことを、曖昧な伝え方をする傾向があるでしょう。

浮気する女性は、性格的に浮気性と言う場合もありますが、皆さんとの付き合いに飽きてしまった、ときめきがなくなったなどの理由で、浮気をすることもあるものです。

連絡は途絶えがちになり、遊ぶ回数も少なくなっていき、知らないうちに他の男性と遊んでいることだってあるでしょう。

これはお互いに問題がある可能性がありますが、皆さんが連絡ばかりして、向こうからの連絡が少なくなったら、もしかすると浮気の可能性が高くなっているでしょう。

行動的な特徴として、連絡が少なくなると言うことに加えて、一緒にいても、気遣いが全くなくなると言うパターンもあります。

浮気する女性は、特に、すでに今付き合っている人に魅力を感じなくなると、態度が急変することがあります。

それはそのまま、皆さんを軽率に扱い始める傾向があります。

「お相手 女性が浮気中に使うフレーズ」

女性が浮気中によく使うフレーズは、色々なものがあるでしょうが、特に多くあるであろうフレーズは、誰かと遊びに行くときに「友人と」と言う触れずだと言えそうです。

このフレーズが多くなることや、詳しく聞くと、「別に誰だっていいじゃん」「皆さんの知らない人だから」などと言うフレーズがあると、皆さんには決して明確化できない人と会いに行く可能性が高いと言えそうです。

人の心理的に、何かを隠したいたときは、どうとでも取れる表現をついしてしまう心理が働きやすいのです。

そしてそれを少し深く追求すると、はっきりと答えられない時があるのです。

また、友人の名前を言う場合もあります。

このようなときは、その友人のことを皆さんは知っているなら、かなり数日間という期間をおいて、友人にそれとなく聞いてみると良いでしょう。

知り合いではないときは、引き続き、お相手の言動と行動の矛盾点を追いかけていくことがよいでしょう。

まとめると、皆さんに言えたこと、言えていた詳細な情報などを、急に言えなくなったり、曖昧なフレーズが多くなってくる傾向があると言えそうです。

「浮気する女性の言い訳とは」

浮気をする女性の言い訳には、自分のした浮気に対して正当性や妥当性を持った意見をいうことがあります。

これはとても自己愛性が強いと言え、自分の無責任な行為、決断に、全く目を向けようとしない性格が伺えます。

しょうがなかった。

寂しかった。

もっと愛されたかった。

皆さんも悪い。

これらは全て、自分の行為に責任感が希薄で、さらには、自分が浮気をすることは、正当性が高いと言う主張だと言えそうです。

これら浮気の言い訳を平気で言ってくるようなら、それはおそらく、一緒にいても幸福は難しいか、すでに皆さんと別れたいと思われているでしょう。

浮気の心理的な状態を、とても簡単に考察してみれば、浮気とはただ、自分の中に新しく生まれた欲求が理性を上回った結果にあると見られます。

ほとんどの場合が、欲求だと説明がつき、そこに正当性も妥当性も本来は存在しないものです。

それを実感しているのは、浮気をした本人であり、また欲求を満たすと言うことにおいて人は大抵の場合で、正当性と妥当性しか感じていないことが多くあります。

これは人の脳機能による働きで、思考回路の代表的なものだと言えそうです。

わかりやすく言うなら、空腹で空腹で、もうどうしようもないとき、嫌いなものでも食べるしかなかった、と言うことに似ています。

浮気は好きな感情もあるため、少し異なるでしょうが、自分が好きだと言う感情から生まれた欲求を満たすこおは、特に正当性、妥当性、そして合理性さえ感じていることでしょう。

だから、浮気をする女性の言い訳は、自分を正当化しようとする内容となる傾向にあるのです。


「浮気する女性の浮気ライン」

浮気する女性の浮気ラインとは、とても男性とは異なるラインを持っていることが多くあるでしょう。

そして、これは基本的に男性の方がゆるいと言う傾向が見られます。

しかし、浮気をしやすい女性のそのラインとは、男性のラインよりも、かなりルーズな場合があるのです。

この原因には大別すると、理性的な人か、それとも感情的な人か、によって大きく分かれていくと言えそうです。

傾向として女性は、浮気のようなことには理性的な判断をしやすい傾向があります。男性の方がこの種のことになると、理性を飛ばしやすい傾向にあります。

しかし、感情的な女性は、浮気に対しても理性を飛ばしやすく、浮気ラインがとてもルーズな傾向があります。

感情的な女性とは、どのようなタイプかと言うと、快楽に弱い、快楽に支配されやすい、快楽を欲する傾向が強い、と言うタイプだと言えそうです。

人には快楽を求め、恐れや不安、心配事から目を背けようとする本能があります。

快楽を感じる脳の部分は、動物的な脳とも言われている辺縁系や扁桃体と言う部位が関係していると言われており、これが強く働くことによって、快楽を獲得しようとする欲求と行動力が強くなる傾向があるのです。

しかし、人間が一番発達させてきた、前頭前野と言う部位は、これに対して理性的な判断をする機能を持っています。

つまり、快楽を獲得するべきか、獲得したあとに何かリスクはないか、誰かを傷つけたり、何かを失ったりしないか、などを考えさせるのが前頭前野の機能であり、すなわち、理性という働きです。

理性的な女性や、女性は基本的に、浮気などに対してはこのような理性的思考が勝り、行動を抑制することがあります。

しかし、感情的な女性はもっぱら、動物的な脳を活発に使い、そして、その中で直感的な判断をする傾向があります。

そのため、上述もしましたが、自分の浮気に対してラインはルーズで、かつそれを正当化し、さらには他人の責任にしたりもするでしょう。

浮気する女性の浮気ラインには、もちろん、個人差がありますが、もし皆さんが女性と付き合っていて、浮気をしそうな人か心配であるなら、快楽に対してどのような反応を示すタイプかを観察してみると良いでしょう。

快楽に対して強い感情的な傾向を示すなら、浮気のラインはルーズである可能性があり、浮気をしたときは正当性を訴えてくるでしょう。