スキップしてメイン コンテンツに移動

エンジェルナンバー 749 の意味とは?

 皆さん、こんにちは。

私は占い師のKENです。

今は占いと心についても研究しています。

このページでは、 エンジェルナンバー 749 の意味をリーディングし書いてます。

ぜひご覧ください。

749 の エンジェルナンバー の意味

エンジェルナンバー 749
エンジェルナンバー 749

エンジェルナンバー 749 は、周囲の人を許すと良い、という意味になります。

周囲の人を許すというのは皆さんだけが我慢をするわけではありません。

また損をするという事でもありません。

天使が伝えたい「許す」とは、

お相手らの存在をあるがままにする、

という意味です。

私の話ですが、

私は人を許すことができない人間でした。

つまり他人をあるがままに認められなかったのです。

お相手らはお相手でいい、

私は私でいい、

そう思えませんでした。

私は正しいと思っていました。

でもそれは、

私を苦しめる一方でした。

ストレスは増えるし、

いつもイライラするようになりました。

そしてついに私には限界が来ました。

私は周囲の人をあるがままに受け入れざるを得なくなったのです。

そうすると不思議なほど、

私の感情は穏やかになり、

ストレスは激減していったのです。

周囲の人の中にはきっと皆さんが許せない人がいるでしょう。

全く気が合わない人がいるでしょう。

皆さんはそのような人たちに感情的になっていませんか?

皆さんはきっと大丈夫ですよね。

もしそのような人達がいてもいいのです。

ただお相手らをあるがままに受け入れてみるだけでいいのです。

これは相手を尊重することを意味します。

素晴らしい愛のある行為です。

何かを主張し合う必要なく、

「そうですか。」

「そうなんだ。」

「うんうん。」

と対応するだけも大きな効果があります。

皆さんが嫌いな人がきっと変わるのです。

そうなると、

皆さんはどんどん生きやすくなります。

人は主張しあいます。

でもそこには争いや主張のぶつかり合いが生まれます。

感情的になってしまうのです。

周囲の人を許してみましょうね。

ほんの少しで構いませんよ。

無理のない範囲でいいのです。

それだけで皆さんはきっと大きな違いを体験するでしょう・

天使は皆さんが愛の人だと理解しています。

皆さんはきっと、

今を愛で満たすことができるのです。

「恋愛に科学的アプローチをしたコンテンツ(人気)」

ツインソウル とは?恋をする人、される人に大切なこと

ツインレイとは?毎日のように愛と幸せをくれる存在について

エンジェルナンバー 749 の恋愛とは?

エンジェルナンバー 749 の恋愛には、良いことの後は逆のことが起こる、という意味が込められています。

恋愛は不安定であることが、むしろ安定していると天使は言っているようです。

良いこととそうではないことが交互に起こり、それが2人がまだ知らないお互いの要素とその理解の機会になっていると伝えているようです。

エンジェルナンバー 749 の復縁とは?

エンジェルナンバー 749 の復縁には、目的と手段を混合しない、という意味が込められています。

目的は復縁したのちに、2人の人生がこれまでよりも豊かになることだと天使は言っているようです。

その手段に復縁があるのであって、この順番や役割を混合しないで意識しておくと良いでしょう。

エンジェルナンバー 749 の片思いとは?

エンジェルナンバー 749 の片思いには、自分にできることをやり続ける、という意味が込められています。

できることをやるとは、できないことは諦めることを意味すると天使は言っているようです。

できないことをやろうとするのは、むしろ信頼を崩しかねないことであり、皆さんにとってもギャンブル性が高まると伝えているようです。

エンジェルナンバー 749 の仕事とは?

エンジェルナンバー 749 の仕事には、無理をしないことは大事、という意味が込められています。

仕事の時間は自分の時間ではなく、会社の顧客のための時間だと割り切ってやることは重要だと天使は言っているようです。

しかし、無理をしては意味がないと伝えているようです。

体は使えば疲弊し、それは休まないと回復しないものです。

これは物理的次元で暮らす、すべての生命体に言えることで、休むことは悪いことではないと天使は言っているようです。

エンジェルナンバー 749 の金運とは?

エンジェルナンバー 749 の金運には、成功がゴールではない、という意味があります。

豊かさは成功の証だと思われていますが、天使はそうは思っていないようです。

天使は成功が豊かさのゴールではなく、豊かさは常に需要を満たす旅のようなものと伝えているようです。

その旅にゴールはないものです。