スキップしてメイン コンテンツに移動

エンジェルナンバー 535 意味と相手の気持ちをリーディング

あなたと出会えて
すっごく
嬉しいです

あなたの恋愛や
相手の気持ちについて
リーディングして
あります

詳しい中身は後で
述べますが

先にエンジェルナンバー 535 の意味について書いてます。

ぜひご覧ください。

535 の エンジェルナンバー の意味

エンジェルナンバー 535
エンジェルナンバー 535

エンジェルナンバー 535 は、新しいステージへ、進むタイミング、という意味があります。

ただし天使は、

あなたに絶対前に進むさせたい、

というわけではないようです。

新しいステージ進むタイミングとは、

ずっと前からあなたに用意された、

そう天使は暗示してます。

その存在をあなたが認めると、

きっとそれは見えてきます。

つまり、

すでに存在するステージに、

進む一歩を、

踏むだけ、

そう天使は伝えたいようです。

そこにきっと、

新しい体験が待ってます。

今までやりたかったけど、

やってこなかったこと、

やれたのに、

やらなかったことが、

ありませんか?

おそらくそれが、

あなたの新しいステージへの、

一歩となるでしょう。




エンジェルナンバー
535と

相手の気持ちを
リーディング




このエンジェルナンバーを
見た あなたが
相手の気持ちを知りたい
ように


相手の人はもっと
あなたを知りたい
でしょう

あなたと相手は
不思議な縁が重なり
引き寄せあい
ませんでしたか?

以下のリーディング結果は
ぜひ最後まで読んで
ください




エンジェルナンバー 535 の ツインソウル とは?

エンジェルナンバー 535 の ツインソウル において、正直に向き合う姿勢、という意味が込められています。

ツインソウル の関係は正直さが大切なようです。

それは目に見えない次元、つまり魂の次元を2人が信じ合う関係性であるからと言えそうです。

正直に自分とお相手と向き合い、少しずつでも良いから、

前に進んでいこうとすることが望ましいでしょう。

エンジェルナンバー 535 の ツインレイ とは?

エンジェルナンバー 535 の ツインレイ において、今の人間関係からの発展、という意味が込められています。

ツインとの出会いも、そして関係の構築も、今の人間関係をよくすることから始まるようです。

今の人間関係は言うなれば、今の自分の全てでしょう。

それをよくすることで、人間関係も変わっていき、ツインとの出会いにもつながっていくことでしょう。

エンジェルナンバー 535 の恋愛とは?

エンジェルナンバー 535 の恋愛には、そのままの状態を見る、という意味が込められています。

人はときに現実を歪めて見てしまうことがあると天使は言っているようです。

その理由は、こうであってほしいという願いや望みがあるからで、それが現実を歪めて見てしまうことや、歪めて捉えてしまうことがあると伝えているようです。

現実はそのまま見てこそ、それを改善する本当の方法や道が見えるものだと天使は言っているようです。 

エンジェルナンバー 535 の復縁とは?

エンジェルナンバー 535 の復縁には、自分をありのままに見る、という意味が込められています。

復縁では自分をありのままに見ることや、知ることは重要だと天使は言っているようです。

ありのままの自分には、きっと、認めたくない自分や、嫌いな部分もあるでしょう。

それから目を背け、お相手と付き合ってきたから、以前の恋は終わってしまったでしょう。

エンジェルナンバー 535 の片思いとは?

エンジェルナンバー 535 の片思いには、視点を変えてみる、という意味が込められています。

思いや感情が高まりすぎて、一方の方向でしか見えていないことは片思いではよくあると天使は言っているようです。

時として視点を変えてこの恋愛や、お相手、または自分も見てみると、今までにはなかった答えが見えてくることが多いと天使は伝えているようです。

エンジェルナンバー 535 の仕事とは?

エンジェルナンバー 535 の仕事には、押して無理なら引いてみる、という意味が込められています。

仕事は創意工夫が問われるもので、最も重要な能力は問題解決能力でもあると天使は言っているようです。

その能力を育める簡単な方法が、押して無理なら引いて見たり、という発想を変えることだと伝えているようです。

エンジェルナンバー 535 の金運とは?

エンジェルナンバー 535 の金運には、目的を達成するには欲を捨てる、という意味があります。

目的に進むことを拒む要素が、欲望だと天使は言っているようです。

目的に進むためにはこの欲を上手に捨てるか、手放すかが大切だと言っているようです。

簡単な方法として、目の前の作業ややるべきことだけに集中することは効果的だと伝えているようです。