スキップしてメイン コンテンツに移動

エンジェルナンバー 42 意味と恋愛 ツインレイ(相手の気持ち)復縁 片想い

あなたと出会えて
すっごく
嬉しいです

あなたの力に
なりたくて恋愛
(相手の気持ち)
について占い
ました

そこに
あなたの未来のことも
書き残しました

詳しい中身は次のページで
ぜんぶ話すので
次へ進んでくださいね

先にエンジェルナンバー 42 の意味について書いてます。

ぜひご覧ください。

42 の エンジェルナンバー の意味

エンジェルナンバー 42
エンジェルナンバー 42

エンジェルナンバー 42 の意味には、あなたにもう一度何かを信じてみることを勧めている天使の数字になります。

あなたの現状は、何かに対して不信感を抱いている可能性があるのでしょう。

そんな時の精神状態というのは大抵、ネガティブで、そして日々の生活も充実感に欠けたものなることもあるでしょう。

ところが天使は、あなたに何でも信じなさいと言っているのではないようです。

他のことが信じられないなら、あなた自身を信じなさいと伝えているようです。

しかし時に人は、自分を信じるよりも他の何かを信じたがることがあるでしょう。

自分ではなく、他の何かを信じることで安心したいと言う傾向が強いからのようです。

何かにすがることや、ジンクスなどを信じることもそうだし、他人の助けなどを頼りにしてしまうことも同じようなものだと言えそうです。

自分の力を信じるのではなく、奇跡や自分以外の効力に大切な自分の人生を預けようとしてしまう、そんな弱さが人間にはあると言えるでしょう。 

天使は人が弱いことを、とてもよく理解しているようです。ところが、それを責めることは天使はしていないようです。

天使は、あなたに信じて欲しいのは、あなた自身だと伝えているようです。

あなたは、あなたらしくあって良い。

あなたは、あなたのままで良い。

あなたは、今、とてもよく生きている。

この事実を、あなたは自分に認めてあげて、そして自分を信頼することが大切のようです。




エンジェルナンバー
42と

あなたの
恋愛を占い

ここまで読んでくれて
ほんっとにありがとう

あなたが相手のこと
思ってる表情って
かわいいなって
思いました

隠してもエネルギーは
嘘をつけないし

とってもきれい
です

あなたなら
きっと恋人に
なれるので

次のページを
知らないまま
いて欲しく
ない



(相手の気持ち占い)





エンジェルナンバー 42 の恋愛とは?

エンジェルナンバー 42 の恋愛には、将来への期待をしない、という意味が込められています。

天使は恋愛で何か問題があるなら、将来への期待よりも今という現状に焦点を当てることが望ましいと伝えているようです。

将来へ期待すると、それはなんでもイメージできてしまい、現実からの逃避を促しやすいと天使は言っているようです。

エンジェルナンバー 42 の復縁とは?

エンジェルナンバー 42 の復縁には、自分の判断を優先しない、という意味が込められています。

厳しい事実ですが、あなたの復縁はお相手からすると、一度終わった恋だと言えそうです。

あなたの自分だけの判断は、果たしてそのような状況で良い結果となるか、それをもっと考えてからの方が良いと天使は伝えているようです。

エンジェルナンバー 42 の片思いとは?

エンジェルナンバー 42 の片思いには、困難を前向きに、という意味が込められています。

困難は恋愛に、あるいは片思いにはつきものだと言えそうです。

それと前向きに向き合う心を忘れないようにと天使は伝えいるようです。

前向きにとは、まずは現状を冷静な心で、まるで第三者のように把握できることから始めると良いと天使は言っているようです。

エンジェルナンバー 42 の仕事とは?

エンジェルナンバー 42 の仕事には、日常を楽しむ、という意味が込められています。

仕事は一生懸命にやるべきですが、そこに楽しさを持てると良いでしょう。

そのためには、顧客の役に立てることに嬉しさを持てると良いだろうと天使は言っているようです。

それは仕事上のあらゆることに、とてもポジティブな結果ともたらすだろうと天使は暗示しているようです。

エンジェルナンバー 42 の金運とは?

エンジェルナンバー 42 の金運には、他人から意見を聞く、という意味があります。

他人はあなたのことをとても客観的に見ていて、あなたの力に、または実力に、どれだけの経済的な価値があるかを教えてくれる貴重な存在だと天使は言っているようです。

厳しく、辛い内容もあるでしょうが、それがあるということは、豊かになるためにはまだまだ実力が伴ってなく、失敗する確率が高いと教えてくれていると天使は伝えているようです。