エンジェルナンバー 390 の意味とは?

 皆さん、こんにちは。

私は占い師のKENです。

今は占いと心についても研究しています。

このページでは、 エンジェルナンバー 390 の意味について書いてます。

ぜひご覧ください。

390 の エンジェルナンバー の意味

エンジェルナンバー 390
エンジェルナンバー 390

エンジェルナンバー 390 は、「使命を果たす為に原点に戻りましょう」という意味が込められています。

皆さんの使命を知りたいと思いすよね?

天使はとても簡単に説明してくれています。

それは、

皆さんが皆さんらしく生きること、

皆さんが幸せになること、

天使はおそらくそれが皆さんの使命だと伝えているのです。

皆さんはこれを聞いてきっと嬉しい、

そう思いますよね?

ではそのために皆さんは原点に戻るといいそうです。

皆さんの原点を天使はこう伝えているようです。

誰かの助けになりましょう。

この エンジェルナンバー には「9」という数字が入っていますね。

9 にはライトワーカーと深い関係がある数字と言われているのです。

ライトワーカーとは、直訳すると光の仕事をする人ということのようです。

ライトワーカーは、地球に住む人間が抱く、

恐れや不安、

嫉妬、

迷いなどを癒し、

そして解放するために、

この地球に生まれた人たちだと言われています。

皆さんは誰かを助けることで、きっと自分も助けられると天使は言いたいのでしょう。

皆さんらしい人の助け方や、接し方を考えてみましょう。

皆さんらしくライトワーキングできるものが見つかるといいでしょう。

皆さんの原点とは周囲の人との助け合いの中で見つかるでしょう。

人は一人では生きていけないものです。

一人はとても寂しいし、

とても悲しいものです。

だから私たちは一人で生まれない構造を持っているでしょうね。

絶対に一人では生命を育めないし、

生まれてくることはないのです。

周囲の助け、

または自分が周囲を助けること、

これは重要であり、まさに私たちの原点とも言えるものですね。

「運命の【愛】に科学的アプローチをしたコンテンツ(人気)」

ツインソウル とは?恋をする人、される人に大切なこと

ツインレイとは?毎日のように愛と幸せをくれる存在について

エンジェルナンバー 390 の恋愛とは?

エンジェルナンバー 390 の恋愛には、時には解放してみる、という意味が込められています。

お互いの事を思いやることも大切ですが、それによって自分を型にはめ込んでいることがあるようです。

それでは、とても窮屈に感じる事があるでしょう。

時には、お互いを解放して、自由なんだ、という感覚を、思いっきり楽しむ事も必要でしょう。

一人でお出かけしてみたり、友人と旅行を楽しむなど、リフレッシュする時間をとってみる事を、天使は勧めているようです。

心が落ち込んだり、ストレスを抱えたままでは、正常な判断や思考は誰でも難しいものです。

人の脳機能はそのようにできていないし、むしろストレスや心が落ち込んだ時ほど、快楽の暴走に走らせようとし、理性的な行為が難しくなる傾向があります。

リラックスはとても大切なことだと天使は言っているようです。

エンジェルナンバー 390 の復縁とは?

エンジェルナンバー 390 の復縁には、感情を穏やかに、という意味が込められています。

感情的になっている時、脳は視野を狭めて、考えられる幅も小さく限定しようとします。

そのおかげで、集中力を発揮できたりもするのですが、復縁には、理性的に対応することが必要となる場面が多くあるでしょう。

その時、感情を穏やかにすることで、視野を広げ、考える幅を広くすることが出来ると、天使は伝えているようです。

感情を穏やかにする癖をつけておくと、自分の改善点が見えたり、これからどう向き合っていくかが考えられるようになっていくことでしょう。

エンジェルナンバー 390 の片思いとは?

エンジェルナンバー 390 の片思いには、焦らずに育む、という意味が込められています。

結果を焦るのは、皆さんが感情的になっていることを意味しているようです。

感情的になって、その思いが強くなると、結果を焦ったり、目的まで早くたどり着きたいと思うものです。

ですが、それに従ってしまうと、育む過程がおざなりとなってしまう事もあるようです。

焦らずに、落ち着いて、二人の信頼関係を育んでいくことを考えると良いでしょう、と天使はアドバイスしているようです。

人を好きになることは、とても良いことだと天使は伝えているようです。

それは皆さんの人生を潤すものであり、幸福感を与えてくれるものだと天使は言っているようです。

エンジェルナンバー 390 の仕事とは?

エンジェルナンバー 390 の仕事には、求められたものを提供する事、という意味が込められています。

仕事は、求められたものを、如何に素早く、その形で提供できるかが重要であると、天使は伝えているようです。

求められたものを提供できないのであれば、仕事として成り立ちません。

自分がやりたくないと思っていても、求められたことを提供する事が、仕事であり、提供する以上は、どうしたら要望に応える事が出来るのかを考える事も大切であると、天使は伝えているようです。

求められたことを提供することは、とにかくそこに自分の感情を挟まないことが重要だと天使は言っているようです。

顧客は個人的な感情にはあまり関心がないものです。

与えられたものに関心が強いものです。それを良いものにすることが仕事だとも言えそうです。

エンジェルナンバー 390 の金運とは?

エンジェルナンバー 390 の金運には、与える事が豊かさに繋がる、という意味があります。

誰かの為に尽くし与える事が、人の役に立ち、豊かさを授受することに繋がっていく、と天使は言っているようです。

まずは皆さんが与える事です。その為に、今の自分に何が出来るのか、考える事から始めてみると良いでしょう、と天使は伝えたいようです。

人は自分が簡単にできることや、今すぐできることにおいて、大きな価値を感じていることが少ないと言えそうです。

その理由は、自分ができることの価値を過小に見積もっているからと天使は言っているようです。

しかし、それを待っている人は見つければいるし、喜んで皆さんに自分の経済的な豊かさと引き換えたいと考える人はきっといると天使は暗示しているようです。

さらに、皆さんが簡単にできるということは、すでにそのレベルは提供しても良いくらい、高いところにあることを意味しているでしょう。

コメント

このブログの人気の投稿

ツインレイ 女性の幼少期とは?辛かった分,愛される運命について 

ツインレイ の名前の特徴とは?愛したい人の見分け方

ツインレイ 男性の気づきとは?運命に科学的な意識が働いてる