スキップしてメイン コンテンツに移動

エンジェルナンバー 357 意味と相手の気持ちをリーディング

あなたと出会えて
すっごく
嬉しいです

あなたの恋愛や
相手の気持ちについて
リーディングして
あります

詳しい中身は後で
述べますが


先にエンジェルナンバー 357 の意味について書いてます。

ぜひご覧ください。

357 の エンジェルナンバー の意味

エンジェルナンバー 357
エンジェルナンバー 357

エンジェルナンバー 357 は、「導かれた大きな変化を受け入れましょう」という意味が込められています。

あなたは今、とても順調に進んでいて、それにより導かれた新しい大きな変化があなたに訪れるであろうことを天使は伝えているようです。

そして、その変化をポジティブに受け入れるように、という事も同時に伝えているようです。

また、あなたに訪れる変化がより良いものであるように、アセンデッドマスターがあなたの傍で導いている、という事のようです。

この愛の心を更に大きく育てることで、あなたに訪れる変化は、とても良いものとなるようなのです。

あなたの認識や思考に、この愛の心がしっかりと根を下ろしていることは、皆さんの現実がより良いものとなる力を持つことになることを暗示しているようです。

この思考や認識、感情、言葉などは、ポジティブであればそのような変化をうみやすく、また、ネガティブであればその逆の変化が起こるだろうという事のようです。





エンジェルナンバー
357と

相手の気持ちを
リーディング




このエンジェルナンバーを
見た あなたが
相手の気持ちを知りたい
ように


相手の人はもっと
あなたを知りたい
でしょう

あなたと相手は
不思議な縁が重なり
引き寄せあい
ませんでしたか?

以下のリーディング結果は
ぜひ最後まで読んで
ください




エンジェルナンバー 357 の次の内容へ

エンジェルナンバー 357 の恋愛とは?

今の状態を変えたいと思うなら、それは考え方を変えることが最も効果的だろうと天使は言っているようです。

考え方は皆さんの現実や現状の捉え方だとも言え、それを変えることで、皆さんの今の現状の中で、気が付きもしなかった真実を見つける助けになると天使は言っているようです。

時として人は、自分の考えの中に、無意識に入り込み出られなくなることがあるものです。

意識的に自分の考えを変えようとすることは、皆さんの現状を変えるエネルギーとも変わることでしょう。

エンジェルナンバー 357 の復縁とは?

人は期待感が大きくなると、自然と良いことしか望まないようになる傾向があり、それは時に、現実や現状を見ないようにすることがあると天使は言っているようです。

なぜなら人は、たとえ事実とは異なっていても、気分の良いことや、その想像をし、その中にいたいと無意識下で求めていることがあるからと言っているようです。

現実と現状を見ないことは、復縁の可能性を高めることを、むしろ期待できないでしょう。

エンジェルナンバー 357 の片思いとは?

自分の未来を照らすのは、自分であることもあります。しかし、片思いにおいて他人のことが関わっている以上、それはお相手が、皆さんの未来を照らすこともあると天使は言っているようです。

お相手の心境や思いが、皆さんに向かうことで、それは可能となることでしょう。

皆さんはそのためできることを、積み重ねていくことが大切だと言えそうです。

そのような積み重ねは必ずしも、皆さんの希望に添えない結果を保証するとは限らないと天使は言っているようです。

しかし、そのような思いを抱く体験は、大きな糧になるはずだと言っているようです。


 エンジェルナンバー 357 の仕事

仕事は顧客の需要を満たすことであり、需要を満たしていないものに仕事や業務が生まれることはないと言えそうです。

それはたとえ顧客と接していない事務的な仕事であっても、視点を変えてみれば同じことが言えそうです。

顧客の立場を想像して、今の自分の仕事が顧客の需要を満たすことや、それに相応するものであるかを考え直してみると、その仕事に違う現実や事実を見いだせるでしょう。

それを見出すことができたなら、皆さんの仕事も大きな転換となる可能性があると天使は暗示しているようです。

エンジェルナンバー 357 の金運とは?

皆さんの豊かさや、豊かになる方法はすでにしっかりとあり、それに自信を持っているなら、周囲の調子のよう情報などに惑わされる必要はないでしょう。

もし方法が明確でないなら、今与えられている収入源に対して、求められていることをまずは継続することが望ましいと言えそうです。

それから徐々に、皆さんの道や方法が理解されていくだろうと天使は暗示しているようです。

明確でないから、周囲の調子の良い表現や情報を真に受けてしまいやすいのでしょう。