スキップしてメイン コンテンツに移動

エンジェルナンバー 248 意味と恋愛 ツインレイ(相手の気持ち)復縁 片想い

あなたと出会えて
すっごく
嬉しいです

あなたの力に
なりたくて恋愛
(相手の気持ち)
について占い
ました

そこに
あなたの未来のことも
書き残しました

詳しい中身は次のページで
ぜんぶ話すので
次へ進んでくださいね

先にエンジェルナンバー 248 の意味をリーディングし書いてます。

ぜひご覧ください。

 248 のエンジェルナンバーの意味

エンジェルナンバー248
エンジェルナンバー 248

エンジェルナンバー 248 は、あなたの前向きな姿勢が、豊かさを引き寄せ始めています、という意味になります。

あなたが今まで積み重ねてきた事は、

あなたの基盤となっているでしょう。

そして、前向きな姿勢をとってきたあなたは、

今豊かさを引き寄せ始めている、

そう天使は伝えてるようです。

豊かさとは、

経済的なものや、

時間や人間関係、

アイディアといったものもあります。

あなたにとって、

望みを実現するために必要な豊かさに、

少しづつ近づいているようです。

ですから、自分を信じ、

進んでいくと良いでしょう。

そして、あなたが前向きに行動した時、

その豊かさは更にあなたへと

引き寄せられてくるのでしょう。

あなたの信じる心が、

具現化する力となり、

とても良い方向へと進んでいるようです。

きっとあなたは、

もっと良くなれるはずです。

ご自身を信じて進んでみましょうね。




エンジェルナンバー
248と

あなたの
恋愛を占い

ここまで読んでくれて
ほんっとにありがとう

あなたが相手のこと
思ってる表情って
かわいいなって
思いました

隠してもエネルギーは
嘘をつけないし

とってもきれい
です

あなたなら
きっと恋人に
なれるので

次のページを
知らないまま
いて欲しく
ない



(相手の気持ち占い)




エンジェルナンバー 248 の 恋愛とは?

2人の未来はこのままいくとどのような未来になりそうか、一度考えてみることは良いことだと天使は言っているようです。

というのも、未来は今の連続であり、今の延長上に未来は存在しているからだと言っているようです。

未来は今を変えることで、変わっていく可能性と確率を高めることはできるでしょう。

しかし今の2人のままでは、それは今の状態をより強烈に反映した未来にたどり着くことが予想されます。

少しだけの時間を利用して、未来の2人をイメージしてみると良いでしょう。



エンジェルナンバー 248 の 復縁とは?

復縁とは、今皆さんは元恋人であり、お相手の今後の恋愛について何も言えないという現状にあると言えそうです。

これは厳しい状況と言えますが、それは皆さんのこれまでの元恋人の人も同じであると考えると、当然のものであると理解する方が、きっと冷静に今の復縁に向き合えるだろうと天使は伝えているようです。

お相手の行動や言葉に敏感に反応しすぎないように注意し、冷静な態度でこの復縁を成就につなげてほしいと天使は願っているようです。


エンジェルナンバー 248 の 片思い とは?

片思いでとても重要なことが、人の気持ちを理解しようとすることだと天使は言っているようです。

恋愛の感情が高まると、自分のその気持ちは優先しやすく、お相手の気持ちを理解しにくくなることがあります。

これは脳科学で知られていることで、感情が理性的な思考を抑制する働きがあるからだと言えそうです。

人の気持ちを理解しようとすることは、理性的な考えの一つでもあり、恋愛の感情を高すぎるのは、この恋愛の成就に影響を及ぼす可能性があるでしょう。

いつだって、誰であって、気持ちへの理解は必要なものです。


エンジェルナンバー 248 の 仕事とは?

自分を大切にしてしまうのは、実は本能の働きであり、人は気がつかないまま自分を優先的に考えてしまうことがあります。

自分を優先したり、大切にしてしまうと、今の嫌な気分、辛い気持ちなどが皆さんを支配する傾向を高めます。

自分をむしろ大切にしないで、仕事の時間は自分よりも仕事に向き合うことで、スムーズかつ、精神的に楽に仕事ができることでしょう。

冷静でいるように心掛けると良いと、天使は伝えているようです。


エンジェルナンバー 248 の 金運とは?

金銭的な豊かさは、例えば商売やビジネスによって生まれていることが多くあるのが、この物理的な世界の経済システムだと言えそうです。

その中で、皆さんがもし何かのビジネスを始めると仮定すると、それは自分がやりたいことを優先すると、うまくいかないことが多くあると天使は言っているようです。

なぜなら、金銭的な豊かさは、個人のやりたいことでなく、他人の需要の中に流れがあるからです。

他人の需要とは、それを与えられることで、喜んで金銭的な豊かさを支払いたいと思うものです。

それさえ叶えれば、基本的に他の人が皆さんに豊かさを喜んで支払ってくれる流れができると言えそうです。