スキップしてメイン コンテンツに移動

エンジェルナンバー 1234 意味と相手の気持ちをリーディング

あなたと出会えて
すっごく
嬉しいです

あなたの恋愛や
相手の気持ちについて
リーディングして
あります

詳しい中身は後で
述べますが


先に エンジェルナンバー 1234 の意味をリーディングし書いてます。

ぜひご覧ください。

 1234 の エンジェルナンバー の意味

エンジェルナンバー 1234 の意味
エンジェルナンバー 1234 の意味

エンジェルナンバー 1234 の意味は、あなたの思考や心の中に、不要なものが溜まっているでしょう。

不要なものは捨てて、人生をシンプルにしてみましょう、と言う意味のエンジェルナンバーになります。

あなたに不要なものとは何でしょうか。

それは生活の面では、着ない洋服や、使わないキッチン道具などになるでしょう。

そして精神面では、あなたのマイナス思考や、ネガティブな感情、恐れや不安と言えそうです。

生活面の身辺整理は比較的簡単でしょう。

しかし精神面の整理は簡単ではないことが多くあります。

ネガティブな感情や恐れは消そうとしても、完全に消すことはできないでしょう。

それをもみ消そうとしても、大きくなることもあるでしょう。

ネガティブ、恐れ、不安などを小さくするには、それらから意識を離すことが大切のようです。

思考を落ち着かせて、余計な事を考えないリラックスした時間を自発的に過ごすようにしてみると良いでしょう。

自分を癒す時間を作って見ることも大切のようです。





エンジェルナンバー
1234と

相手の気持ちを
リーディング




このエンジェルナンバーを
見た あなたが
相手の気持ちを知りたい
ように


相手の人はもっと
あなたを知りたい
でしょう

あなたと相手は
不思議な縁が重なり
引き寄せあい
ませんでしたか?

以下のリーディング結果は
ぜひ最後まで読んで
ください




エンジェルナンバー 1234 の恋愛とは?

恋愛において不要な考えがあるなら、それは潔く捨ててみると良いと天使は暗示しているようです。

不要な考えはどのようなものかは、きっと皆さんにしかわからないことが多くあるでしょう。

しかし、お相手の責任しているものや、自分都合の意見や価値観を大切にしていることが、気がつかない部分で持っているのが、人間というものでもあります。

イライラしていることや、不平や不満に感じていることから中心に、相手の責任にしていないか、自分都合ではないか、という視点で見直してみると、新しい発見があるでしょう。


エンジェルナンバー 1234 の片思いとは?

行動は思考が元になっていることで、行動をする本人が成功や失敗において納得して動けるものでもあります。

何も考えないで行動することは、簡単なたとえで言えば、ギャンブルをするようなもので、結果に一喜一憂しておしまいということにもなりかねません。

思いを伝えたい気持ちや感情が高まっているのなら、その前に思考を巡らせて、その行動に自信が持てるようになること、どのような結果があってもそれを受け入れるだけの考えを持てることなどが重要だと天使は伝えているようです。


エンジェルナンバー 1234 の復縁とは?

復縁を望んでいる場合、お相手との気持ちの相違が大きいことがあるでしょう。

それを感じるほど、焦ったり、こんなに好きなのに、と自分都合のことが優先的になりやすくなることがあります。

またそれに比例して熱も上がり、情熱的になっていることさえあるでしょう。

その状態はお相手の気持ちや状況への理解を難しくする傾向を高めることはあっても、その逆に転じることは少ないと天使は伝えているようです。

情熱的な思いはさらに、皆さんを焦らせ、自分都合で思考してしまう助けになるので、冷静さを取り戻すことを優先すると良いと天使は暗示しているようです。


エンジェルナンバー 1234 の仕事とは?

仕事の効率を下げるのは、実はデスク周りや、その周辺の衛生的なものであったりもします。

周囲に目に入るものが散らばっていることは、集中力を下げることにつながり、汚れも同じことが言えそうです。

また綺麗ではない環境では、人の体内に常に菌やウィルスが侵入しやすく、免疫が過剰に反応し続けるので、これも仕事への集中力を下げてしまうことにつながるようです。

整理整頓と、衛生面を向上することを、仕事をする前に行うことは重要であり、天使は頭もスッキリするだろうと伝えているようです。


エンジェルナンバー 1234 金運とは?

金運の特徴として、使う人よりも貯める人に金運が良い傾向があると天使は言っているようです。

使ってばかりいる人は、感情的な支払いが多い傾向があり、特徴として特にストレスなどにさらされていることがあります。

必要ではない支出や経費を、必要経費として強く思っているので、その支払いをし続けることがあり、また止めにくいという傾向があります。

休日やゆっくりとできる午前中などに、一度自分の支出と収入を見直してみると良いでしょう。