スキップしてメイン コンテンツに移動

エンジェルナンバー 12 意味と恋愛 ツインレイ(相手の気持ち)復縁 片想い

あなたと出会えて
すっごく
嬉しいです

あなたの力に
なりたくて恋愛
(相手の気持ち)
について占い
ました

そこに
あなたの未来のことも
書き残しました

詳しい中身は次のページで
ぜんぶ話すので
次へ進んでくださいね


先に エンジェルナンバー 12 の意味をリーディングし書いてます。

ぜひご覧ください。

 12 の エンジェルナンバー の意味

エンジェルナンバー 12
エンジェルナンバー 12


エンジェルナンバー 12 は、あなたの思考や意識の一部が現実になり始めるでしょう、という意味が込められている数字になります。

あなたの望みが少しずつ現実になっているという証を、そろそろ見えてくるだろうと天使は伝えているようです。

大切なことは、あなたが進む方向に物事は移り変わっていき、きっと前よりもうまくいくことだと自分を信頼することでしょう。

あなたのそのような信じる心と、信じ続けることが鍵を握っていて、それがあなたの願望を叶えるためのエネルギーに変わっていくことを、天使は伝えているようです。

あなたが今、自分の望みが叶っていない、不幸だという意識が強いなら、それは少し改めると良いでしょう。

たとえば以下のように、ご自身に質問してみると良いでしょう。

「本当に望みは叶っていないのか?」

「望みは全く叶っていないのか?」

「1ミリも望みへ近づいていないのか?」

1ミリも望みに近づいていませんか?全く望みのカケラも叶っていませんか?

きっと、そうではないことでしょう。

あなたが高い望みを持つことは悪いことではなく、素晴らしいことでしょう。

しかし高い望みや願望を持つことによって、あなたが今の自分に不足感を持ち続けてしまう事は、あまり良くないでしょう。

出来ている自分、進んでいる自分、持っている自分を認める事が大切であるという事のようです。




エンジェルナンバー
12と

あなたのツインレイ
相手の気落ち占い

ここまで読んでくれて
ほんっとにありがとう

あなたが相手のこと
思ってる表情って
かわいいな

とってもきれい
ですよ

それは
エネルギーなので
隠せませんよ


そして
あなたに
ある方法を
次のページで
渡しますね

それは
あなたが彼の
恋人になる
ための方法
です

あなたは
それを
知らないままで
いるの?



(相手の気持ち占い)




エンジェルナンバー 12 の恋愛とは?

2人は別々の存在であり、そこには必ず個性が存在していると天使は言っているようです。

そしてその個性はお互いの新しい体験や、新鮮な感覚を与えてくれますが、同時に、争いのタネとも化すことがあります。

個性を認めることは意外にも難しいものです。なぜなら、相手の持っている個性を自分が持っていないことが多くあるからだと言えそうです。

でも、その異なる個性が、お互いの愛を深めてもくれると天使は伝えているようです。


エンジェルナンバー 12 の片思いとは?

片思いの状態では、皆さんがお相手に歩調を合わせる機会の方が多くなるでしょう。

それも重要ですが、お相手が皆さんと歩調を合わせないようとしてくれないときは、皆さんも無理をする必要はないだろうと天使は暗示しているようです。

片思いだとつい、お相手に良い風に思ってもらおうと無意識で動いてしまうものです。

でもそれを重ねていくと、やがて苦しみにも変わる可能性があり、本来のおつきあいが困難にもなるだろうと天使は言っているようです。


エンジェルナンバー 12 の復縁とは?

恋愛において尽くすとは、お互いにとって必要だと言えそうです。

尽くすことを自由がないととらえる人もいますが、尽くすことは自由を奪われることでもなければ、皆さんが操り人形になることでもないと天使は言っているようです。

尽くすとは、思いやりであり、支え合うことだと天使は伝えたいようです。

支え合うことは、皆さんが相手からも必要だし、お相手も皆さんの支えが必要なことでしょう。


エンジェルナンバー 12 の金運とは?

人は豊かになりたいと願うものですが、安心な方法と危険な方法がそこにはあると天使は言っているようです。

安心する方法は、地道に、コツコツと豊かさへの道を進むことですが、一方で危険な方法とは結果だけを求めてしまい、やがて嘘をつくことが平気になることだと天使は言っているようです。

豊かさを求めても、それは結果であり、結果にたどり着くことが全てではないと天使は言っているようです。

地道に進んだ結果、どこまで行けたか、それで十分だと天使は教えてくれているようです。


エンジェルナンバー 12 の仕事とは?

仕事は相手や顧客があってのもので、顧客も会社組織であってもそれは感情を伴った人間が運営しているものです。

もちろん一般消費者も感情のある人間ですし、消費者の1人である皆さんも同じことでしょう。

自分にとって都合の良い損得勘定は気がつくとしていることもあります。人間は誰しも自分の安心と安全を無意識で求めていることを、天使はよく理科していいるようです。

しかしそれは、相手の感情を感動させたり、喜びに満たすことは難しいと伝えているようです。

損得勘定だけで仕事はうまくは回らないことが多いと、天使は伝えているようです。