【9911】のエンジェルナンバーの意味 ツインレイ ツインソウル 恋愛 復縁など解説



《広告》


  

【9911】のエンジェルナンバーの目次

 

各メッセージにジャンプ出来ます

 

【9911】のエンジェルナンバーの意味

 

【9911】のエンジェルナンバーのツインレイ

 

【9911】のエンジェルナンバーのツインソウル

 

【9911】のエンジェルナンバーの恋愛

 

【9911】のエンジェルナンバーの復縁

 

【9911】のエンジェルナンバーの片思い

 

【9911】のエンジェルナンバーの仕事

 

【9911】のエンジェルナンバーの金運

 

  

 

【9911】のエンジェルナンバーの意味

 

エンジェルナンバー9911には、知らないことを認めることは大切、というメッセージが込められている数字になります。

 

知らないことを認めることは、頭でわかっていても、それを実行にしにくいものでしょう。

 

ところが実は、これがもっとも人生の中で、とても重要となることが多いのです。

 

人は自分のことは、自分でよくわかっていると思うものです。

 

そしてそのセリフを言い放っている時、まさに、感情的になっている状態で、その原因は他人から何かを指摘されて腹が立っていることが多くあります。

 

まさに、それを指摘されたくないから、自分のことは自分でよくわかっている、と主張しているようなものです。

 

しかしこれが、とても大きな代償となる場合が多く、人生を自分自身の手によって、難しくしてしまうことにつながるのです。

 

まず、自分のことはよくわかっている、そう感じる理由の主なものとしては、自分を守りたいという意識が、無意識に働いている傾向が強くあります。

 

自分のことを守りたい思いや、その働きは確かに、すべての人に総じてあるものです。

 

しかし、自分を守ることは、自分の知らない自分を認める機会を手話していることを助けているのです。

 

知らないことは誰にでもあるのですが、もっとも問題となりやすいのが、自分を知らないままでいることだと言えます。

 

 

問題となると例え頭で分かっていても、実は多くの場合で人は、これを拒絶していることがあります。

 

なぜでしょう。

 

その原因の一つには、恐怖心が多く芽生えるから、ということがあるのです。

 

自分でも知らない自分は、奥底にしまわれている、いわば無意識の領域に眠っているものです。

 

そしてそれがなぜ、無意識の領域まで、深くに追いやられたかというと、これを掘り下げて明確にすることを、大抵は遅れていて、それは脳が恐れていることが多くあるのです。

 

脳は、あなたに安全で、かつ、安心できる人生を送るように、いつもそれに対して合理的な命令をしていると言えます。

 

これはとても素晴らしいことなのですが、この中には、実は事実と反している命令もあったりするのです。

 

例えば時ジェットーコースターが怖い人がいるとします。

 

これは、ジェットコースターが、自分の何かに危害を加えるという認識が奥底にあり、脳はジェットコースターを見ると、その人を恐怖で震え上がらせ、拒絶させ、近寄らないよう指令を出します。

 

しかし、ジェットコースターは事実、楽しんでいる人が多くいるのです。

 

これは事実が、怖い人と、そうではない人で、まるで異なることを意味しています。

 

そしてもし、ジェットコースターが怖い人が乗れるようになるには、なぜ自分はこれを恐れているのかを明確にする必要があり、脳の奥底にある無意識の領域にアクセスしなくてはならいのです。

 

脳は恐怖の対象が何であるかを、知られたくないように仕向けます。

 

これが無意識の領域にアクセスしようとする時に生まれる、恐怖心であり、このため、ジェットコースターになぜ自分が乗れないのか、という答えにたどり着くことを、より困難にしてしまうのです。

 

自分のこともこれとほぼ同じだと言えます。

 

つまり、自分が自分のことを知っていると思いたいのは、本当は何も気がついていないことを、知りたくないために、防衛的な本能が働いていると言えるのです。

 

自分が本当は、何も知らない自分だった。

 

これを事実として認めるには、それなりの本能的な抵抗が生まれ、これは大抵の場合で強いものです。

 

しかし知らないことを認めるのは、自分が本当の意味で成長する機会であり、成長をすることが可能な重要な要素でもあるのです。

 

最初は苦しいかもしれませんが、知らないことを認め、受け入れる勇気が、あなたを大きく成長させてくれる役に立つでしょう。

 

そしてほとんどの場合で言えることが、それを認めることができた時、素晴らしく晴れやかな気分と、視界の広がりを感じることです。

 

このような心理状態が、あなたのこれからの人生を、よりよくする助けになることでしょう。

  

「9」からのエンジェルナンバーはこちら

 



《広告》


 

【9911】のエンジェルナンバーのツインレイ 

  

エンジェルナンバー9911 のツインレイにおいて、他の人との関係も大切、というメッセージが込められている数字になります。

 

ツインレイ に出会いたいという強い想いや、または出会えた後の感動によって、今の周囲の人たちが視界から薄れることがあるようです。

 

しかし運命の人との運命的な出会いは、実は、周囲の人との繋がりがそれを助けていることもあると、天使は伝えているようです。

 

広く視野を持って、周囲に感謝の気持ちを忘れないようにすると良いかもしれません。

  

 → ツインレイ男性のすべて

   

 → 運命の結婚

  

 

【9911】のエンジェルナンバーのツインソウル

  

エンジェルナンバー9911 のツインソウルにおいて、束縛をしているかもしれない、というメッセージが込められている数字になります。

 

大切な人だと思うほど、それは自分の中に留めておきたいと願うのが、人の心理でもあるでしょう。

 

大切な人とは離れたくないと、無意識かつ自然に感じてしまうものです。

 

それが気がつくと、束縛をしているかもしれない、という事にも気が付くことができるのかもしれません。

 

 



《広告》


 

【9911】のエンジェルナンバーの恋愛

  

エンジェルナンバー9911 の恋愛には、発想を自由にしてみる、というメッセージが込められている数字になります。

 

恋愛で苦しいのは、どうしてこの人はこうなのだろう、と理解がしにくい時でしょう。

 

それはこうあるべき、という価値観や概念があることが多く、それによって発想の柔軟性に影響が出ているのかも知れません。

 

自分を、相手の方のような人だと仮定すると、そのような行動をするだろうか、と考える軸を自分から相手に変えてみるのも良い方法だと天使は伝えているようです。 → あなたの運命の人と出会う、知る

 

 【浮気や不倫、運命の恋愛の詳細】

 

 

【9911】のエンジェルナンバーの復縁

  

エンジェルナンバー9911 の復縁には、気がつくと束縛をしているかもしれない、というメッセージが込められています。

 

復縁において、その気持ちや感情が高くなると、気がつけば相手の方を束縛しているかもしれない、又は束縛しようとしているのかもしれない、という事のようです。

 

それに気がつきにくいのは、自分のことで頭がいっぱいになっているか、または自分に一生懸命になりすぎているからでしょう。

 

これは気がつくことに意識的に注意を払うことが重要だと天使は伝えているようです。

 

 

【9911】のエンジェルナンバーの片思い

  

エンジェルナンバー9911 の片思いには、やるべきことに集中してみる、というメッセージが込められている数字になります。

 

片思いの成就に必要なことは、自分の熱い思いを伝えることや、理解してもらうことではないのkまおしれません。

 

重要なことは、相手の方の幸福に、自分を貢献させることや、そうしたいと思うことだと、天使は伝えているようです。

 

それを軸とした、やるべきことに集中しようとしてみると、何か良い行動ができるかもしれません。

 

  



《広告》


 

【9911】のエンジェルナンバーの仕事

  

エンジェルナンバー9911 の仕事には、惰性に気をつける、というメッセージが込められている数字になります。

 

惰性とは実は、なかなか自分がそうなっていることに気がつきにくいもののようです。

 

まぁいいか、大丈夫だろうと、という判断が多くなってきたら、それは惰性で仕事をしようとしている傾向があると天使は伝えているようです。

 

惰性で危ないのは、うっかりミスが生まれやすいことであるという事のようです。

 

そうならない為にも、普段から惰性的になっているサインに早い段階で気が付くように心掛けていると、しっかりとした準備をする事が出来る、という事でしょう。

 

 

【9911】のエンジェルナンバーの金運

  

エンジェルナンバー9911 の金運には、やるべきことは人のために尽くすこと、というメッセージが込められている数字になります。

 

この経済的な社会を、天使は肯定的に見ているようです。

 

なぜなら、豊かさを自分に流し込むには、誰かに先に与え、満足してもらう必要があるから、と天使は伝えているようです。

 

誰かが、良かった、幸せな気分だ、これが前から欲しかった、という感動を与えるために、自分を働かせることが必要である、という事のようです。