818《聖》エンジェルナンバーの意味[意識が豊かさを引き寄せる力に変わります]

エンジェルナンバー 818の意味は、意識が豊かさを引き寄せる力になることを天使が教えてくれている意味であり、数字になります。

 

天使はあなたに血の滲むような努力ではなく、すでにある豊かさに気が付きながら、それを見つけ、一つ一つ拾っていくようにして、豊かさを手にして欲しいと願っているようです。

 

あなたの豊かさは、たとえば一生懸命に働いて、その量を多くすることだけではないと、天使は伝えています。

 

もちろん、そのようなことが必要な環境や時期というのは、人として訪れることはあるでしょう。

 

またそのような行為を天使は否定しているわけでもありません。

 

ただ、ネガティブや否定的に捉えることではなく、今、自分がすでに手にしている豊かさを思い出したり、見つけたりして欲しいということです。

 

これを繰り返すと、あなたの意識は豊かではないという意識から、自分は豊かなのかもしれないという意識や、すでに豊かであるという意識に変わっていくと、天使は説明しています。

 

この意識の変化は、あなたの脳内に蓄積された事実に変化が生じたことを意味しています。

 

たとえば、トレーニングを始めようとして、腕立て伏せが一回もできなかったとしましょう。

 

あなたの脳内の記憶は、腕立て伏せができないということが蓄積されていて、あなた自身もそれを事実として認めている状態と言えます。

 

この事実として認めていることが意識だと、天使は言っています。

 

しかし腕立て伏せが一回も上がらなくても、下げることはできた。

 

このような捉え方をしたとしたら、それは脳内で、私は腕立て伏せが下げることができた、ということを事実として認めていることを意味します。

 

できないという意識の人が、実際にできるようになるまでは、できない自分との戦いになり、その道は苦しく、困難さを感じやすいでしょう。

 

しかし、ここまではすでにできたという意識の人は、次はここまでならできそうだということを容易に事実として捉えることができ、努力は苦しいものから離れていく傾向があるのです。

 

努力は苦しいものではなく、できない自分を乗り越える意識が苦しさを生むと言えます。

 

豊かさにも同じことが言え、つまり、豊かではないという意識の人が、豊かになろうとすると苦しみや、苦悩を味わいやすいということです。

 

だから、天使は努力を否定しているのではなく、あなたがすでに手にしている豊かさに着目し、それを認めることを勧めているのです。

 

私はすでに豊かである。

 

理想とは言えなくても、ここの部分や、この部分は、とても豊かだ。

 

というすでにたくさん転がっている豊かさのかけらを、足元に置いておくだけではなく、それを拾い上げて、一つ一つ確認して欲しいのです。

 

それを繰り返すことで、豊かさの意識が変わり、自分はすでに豊かな人間なのかもしれないということを認めるようになっていきます。

 

天使はさらに、あなたは豊かであることを認めて良いと言っています。

 

あなたは今の現状のあなたで、素晴らしい存在であり、豊かな存在であることを、認めて良いと伝えています。

 

そうすると、脳内のこれまでの記憶、体験したこと、あらゆる情報が整理されていき、意識が豊かさを肯定し、認めるようになっていきます。

 

あなたの意識には、物事を具現化していく力があることを、天使はよく理科している存在です。

 

このように意識が変わり、ストレスなどからも解放されていけば、努力は努力とも思えなくなり、良い方法、良いアイディアなど浮かびやすくなり、脳は創造的な思考をすることがわかっています。

 

 

あなたの意識が、豊かさを見せてくれ、豊かになる道へと導いてくれると、天使は伝えています。

 

そして、その道は、あなたの足元に、ずっとあった道だと言っています。