【670】のエンジェルナンバーの意味 恋愛 復縁 金運など解説!

  

占術&心理研究家で、以前、プロの占い師だった私が、

 

「エンジェルナンバー670」の意味についてお伝えしています。

 



《広告》


【670】のエンジェルナンバーの意味

 

 

エンジェルナンバー 670は、あなたの原点を思い出すことで、不安は解消されることを意味している天使の数字になります。

 

天使が伝えたい、あなたの原点とは、あなたは宇宙の一部であり、宇宙はあなたの一部であるということのようです。

 

つまり、あなたが宇宙の概念、あり方を思い出すことが、不安の解消に繋がることを意味しているのでしょう。

 

そして宇宙の概念やあり方というのは、あるがままであることであり、あるがままが、そのままであること、そのままを許すことだと、天使は伝えています。

 

あなたは、あなたのままで良い、ということでしょう。

 

全ての良いことも、悲しみも、宇宙は同じように扱い、それらがそのままであること、存在することを許しているとも言えます。

 

あなたが幸福になるには、このあるがままの現状や、自分を、まずは許し、その存在を認めてあげることかもしれません。

 

あなたが、あるがままの自分自身を愛し、認めることが出来なければ、あなたは自分を信頼することも難しくなってしまうでしょう。

 

認めてあげることで、自己肯定感が高まり、冷静に客観的に自分を見つめる事が出来るようになります。

 

そして、自分への信頼感も高まる可能性があります。

 

そしてこの原点を思い出せば、きっと、多くの不安から解消されていくことでしょう。

 

 

 

【670】のエンジェルナンバーの恋愛

  

エンジェルナンバー 670の恋愛には、過去を振り返る、というメッセージが込められています。

 

過去を振り返ることで、今の恋愛がなぜ、今の状況になっているか、そのヒントを見つけられるでしょう、と天使は伝えているようです。

 

2人の今の状況は、過去からの延長線上にあることが多く、何もしなければ今後も、その道を辿っていく可能性が高いと言えるでしょう。

 

しかし延長線を過去に遡っていくと、分岐点を見つけることが可能となり、そこに何かの答えが隠されていることが多いようです。 

 

 【運命の人】とは?知られざる運命の秘密を徹底解説!

 

 

まとめ【恋愛】女性 男性の恋愛に関する心理を徹底解説

  

 

【670】のエンジェルナンバーの復縁

  

エンジェルナンバー670の復縁には、戻るという意識をなくしていく、というメッセージが込められています。

 

過去を振り返り、そこに原因などを探ることは重要なことだと言えます。

 

しかし、復縁を、過去の2人の状態に戻ることであると考えるのは、あまり効果的とは言えないと天使は伝えているようです。

 

人は前進していくものであり、全く同じ過去を、今から繰り返したいと望むことは、あまりないと言えるでしょう。

  

過去の2人になるのではなく、新しい2人の関係をこれから築くという考えを持つと良いかもしれません。

 

【670】のエンジェルナンバーの片思い

  

エンジェルナンバー670 の片思いには、自分の恋愛の過去を見つめ直してみる、というメッセージが込められています。

 

片思いを成就する前に、あなたの恋愛における過去を、見つめなおしてみる時間をとると良いだろう、と天使は伝えているようです。

 

そこには、もし、この片思いが成就した時に、迎えるであろう問題や、その原因が隠されていることがあると伝えているようです。

 

また今の片思いの課題や原因も見つかることがあると、天使は教えてくれています。

 

 



《広告》


 

【670】のエンジェルナンバーの仕事

  

エンジェルナンバー670 の仕事には、自分の主張を自分で書き起こす、というメッセージが込められています。

 

もし仕事でイライラしたり、ストレスがあり、何か言いたいことがあるなら、それを書き起こしてみると良いと天使は伝えているようです。

 

そして数日後にそれを見直してみてみると、自分の主張が自分を満たすためのエゴ的なものか、それとも会社や顧客の発展につながるものだったか、明確に理解できるだろうと天使は伝えているようです。

【670】のエンジェルナンバーの金運

  

エンジェルナンバー 670の金運には、新しいことにチャレンジすること、というメッセージがあります。

 

天使は豊かになるためには、あなたの現状の生活の何かを捨て、それと代わりに何か新しいことを取り入れることが重要だと伝えているようです。

 

新しいことにチャレンジすることは良いことです。

 

しかし、全く知らないことや、初めての経験となるものは、もちろん困難は多くあるでしょう。

 

それでも進みたいと思えるものをよく考え、自ら選んでチャレンジしてみると、良いかもしれません。