2112《聖》エンジェルナンバーの意味[自分と向き合い真の望みに集中しましょう]

 

エンジェルナンバー2112には、他にも次のような天使のメッセージがあります。

   

2112のツインソウルへ  

 

2112のツインレイ

 

2112の恋愛

 

2112の復縁

 

2112の片思い

 

2112の仕事

 

2112の金運

 

これより、エンジェルナンバーの意味と実践をご紹介します。

 

エンジェルナンバー 2112の意味と実践とは 

 

エンジェルナンバー2112は、「自分と向き合い、真の望みに集中してください。」という天使からのメッセージのようです。

 

自分と向き合うとは、実は最初はとても辛く、苦しい体験になるかもしれないことを天使は伝えています。

 

しかしそれは、とても素晴らしい体験であり、あなたの人生をこれから根底的に変えていく力もあると言います。

 

なぜ自分と向き合うことが辛いかというと、それは自分が嫌いな部分の自分や、認めたくない部分の自分と向き合う必要があるからだと天使は言います。

 

自分と向き合うことで、都合の良い部分の自分と向き合うことは、本当の意味で、向き合っているとは言えないようです。

 

都合の良い部分と向き合っていることは、隠れている嫌な自分や認めたくない自分を、さらに隠していることであり、それでは真の望みにあなたの意識を向けることはほぼ不可能だと、天使は伝えています。

 

真の望みを知るには、現状の自分をまず知る必要があるのです。

 

そして自分でも嫌な自分や、認めたくない自分と向き合うことを、人は無意識に避けている傾向があります。

 

その理由は、私たち人間がこの物理的な世界を生きるために備えた、物理的な脳の機能によるものが大きな要因だと言えます。

 

物理的な脳機能には、自分を守る防衛本能があります。

 

この防衛本能は辛いことは避け、快楽を求める性質を持っています。

 

つまり、自分と向き合い、嫌な思いをしないように無意識的に人間に働きかけていると言えるのです。

 

これが長期間繰り返されることによって、人は、自分と向き合うことを嫌う傾向が強まっていきます。

 

そうなると、もう真の望みを見つける足がかりを失ってしまったようなことで、現状の自分も受け入れることをますます困難にしていくでしょう。

 

たとえ、あなたに認めたくない自分や、とても嫌いな自分が数多くあったとしても、それは全く恥ずかしいことではないし、悪いことではないと天使は言います。

 

最も恥ずかしいことがあるのなら、それは、本来の自分、現状の自分から目を背け、自分を知らないで振る舞うことだと天使は伝えています。

 

自分と向き合い、そこにどんなあなたがいても良いのです。

 

あなたはあなたであり、あなたはそこのあなたから、次の人生が始まるのです。

 

現状を把握しないで進むことは、まるで現在地が全くわからない地図を持ったまま、どこかにいくことに似ています。

 

地図を見て、今いる現在地を把握しないと、どの道を進んで目的地にたどり着けば良いかわからないものです。

 

自分と向き合うことは、現在地がどこかを知り、いきたい場所がどこかを特定することに役立ちます。

 

それが真の望みが何かを知り、そこまでの道順がわかるということだと天使は言っています。

 

 

エンジェルナンバー2112の恋愛,復縁,片思い,仕事 金運のメッセージはこちら 

 

2112の詳細な意味と実践へ

  

2112のツインソウルへ  

 

2112のツインレイ

 

2112の恋愛

 

2112の復縁

 

2112の片思い

 

2112の仕事

 

2112の金運

 

コメント: 1
  • #1

    久美子 (日曜日, 24 3月 2019 21:16)

    プリンスレッスンをやってから自分が愛せるようになりました 天使様に感謝しています