543《聖》エンジェルナンバーの意味[恐れることなく、変わりましょう]

エンジェルナンバー543は、恐れる心配をせず、変わっていくと良いことを天使が伝えている数字になります。

 

あなたは人生でいくつかの変わるべき時が訪れることを、天使は暗示しています。

 

この変化は基本的に人が生きていく上で何度か経験するものでもありますが、その変化を恐れることで、良い機会やきっかけを逃してしまうことがあると天使は伝えています。

 

変化が訪れる原因について天使は、今の現状が、あなたの成長において限界に達していることだと言います。

 

つまり、次のステージに行く場合、今の現状ではすでにキャパシティを超えていて、変わらないことには次の成長ができないことを意味しています。

 

このような変化は、良いことや成長、飛躍ということもあれば、その逆もあると言います。

 

前者の変化なら良いですが、後者の変化は本人が気がつきにくいものでもあると天使は注意しています。

 

なぜなら、成長や飛躍の反対の変化は、とても楽で、快感で、気分が良いことが多いからです。

 

楽な方、気持ちや気分の良い方へ行くことは、変化だと感じにくい傾向があるのです。その理由は、気分の良い状態がどんどん悪化の方へ向かっている事実を麻痺させているからと言えます。

 

一方で成長と飛躍への変化は、ある程度の負荷がかかることが多いものです。

 

限界を超えるというのは、必ずしも楽ではないし、気分の良いものでないことがあります。

 

例えるなら、腕立て伏せが3回しかできない人が、5回できるには、4回を必ず超えなくてはいけません。

 

3回が限界の人が4回目に挑戦することは、楽ではないし、気持ちの良いものでもないでしょう。

 

しかし、4回ができれば、次は確実に目標の5回目に挑戦ができます。

 

これが成長と飛躍の変化の特徴であり、ほぼこのような形だと天使は言います。

 

物理次元にくらす私たち人間の人生は、決して楽ではないことを、天使はとてもよく理解しています。

 

老化があり、時間は経過し、それらは二度と戻せません。

 

そのような人生に必要なことは、大きなことを、一気に達成することではなく、小さなことを数多く、確実に達成していく生き方が大切だと天使は伝えています。

 

どこまでいけるか、どこまで到達するかは、その繰り返しの結果であり、あえてアレコレと考える必要と重要性は低いと言います。

 

それよりも、自分の限界の少しだけ上、腕立て伏せでいうと5回を目指すなら、まずは4回目に進むことだと天使は伝えています。

 

これは決して難しいことではなく、やってみるか、やらないでおくかの違いだけでしょう。

 

 

だから怖がることなく、今の限界に達したなら、少し上のことを、ほんの少しだけやってみてほしいと天使は願っているようです。

 

きっと、新しい世界、新しい視野、そして新しい人生の階段を登ることになり、あなたは成長するだろうと天使は暗示しています。

 

コメント: 0