433《聖》エンジェルナンバーの意味[目の前の扉を開きましょう]

433という数字は、目の前にある人生の扉を開けることを、天使が知らせているエンジェルナンバーになります。

 

時に人は、自分の人生の扉がどこにあるか迷い、探すことがあります。

 

また開いたと思っても、時間が経過するとどうではないことに気がつかされることもあります。

 

このような時は間違えてしまったという意識にもなりやすいですが、天使は間違っていないと優しく悟っています。

 

それはあなたの人生の扉を見つけるための、素晴らしい体験だったということを、天使は言っています。

 

そして天使は人生の扉はいつも、ずっと前から、あなたの目の前にあったことを伝えたいようです。

 

ではどうして、目の前にあるのに、それに気がつけないことが多くあるのでしょうか。

 

そのことについて天使は、目の前にありすぎて、単純で、簡単すぎて、それが人生の扉だと信じられない

ことが多くの原因だと指摘しています。

 

人はなぜか、困難なことを好む傾向があります。

 

辛いことを乗り越えてこそ価値がある、それは確かにそのようなことは言えるでしょう。

 

天使は何も楽をしたり、怠けることを推奨しているわけではありません。

 

努力や行動というのは、必ず必要ではありますが、困難や苦痛は必ずしも常に必要なわけではないといいたいようです。

 

人生を変えようと決意して、困難を乗り越えることを目指すこと、それはつまり、すでに目の前の扉から目が離れていること意味しています。

 

なぜなら目の前にある扉は、とても近すぎて、簡単なことで、価値が低いという思い込みが強いことがあるからです。

 

これが目の前にあるはずの人生の扉に、なかなか気がつけないで、開けることができない多くの原因だと天使は言っているのです。

 

ではどのようにして、目の前の扉に気がつけば良いのでしょう。

 

天使はまず遠くを見る欲求を抑えて、自分という存在に目を向けること、向き合うことが良いとアドバイスしています。

 

遠くを見てしまい、その自分になろうとすることは確かに、あなたに意欲的な行動力を与えることにつながるでしょう。

 

しかしそれは同時に、今の自分から目が離れやすいことを意味します。

 

今の自分から目を離れれば当然のように、目の前にある扉からも目が離れることになり、気がつくことは困難になります。

 

人生の扉は目の前にあり、それを開けることから始まるのに、いつまでたっても開けないでいるから、人生が進んでいかない可能性があると天使は伝えています。

 

そして、今の自分に目を向けるには、今の自分のあるがままを認めることがとても効果的だと天使は話します。

 

人は誰もが自分の理想的な人生を掴みたいと願うものです。

 

しかし、その理想に近づくには、今いる場所から距離を縮めていくことしかできないものです。

 

それはまるで、旅行に行くようなものに似ていると言えます。

 

旅行は行き先を決めたら、どうやっていくか、あるいは行けるかを決めて、実際に距離を縮めていかないとたどり着けることはありません。

 

家を出て徒歩で最寄り駅まで行くのか、タクシーを使うのか、その先は電車か飛行機か、他の手段を使うのか・・・

 

このように手段はたくさんあっても、距離を縮めることで、その結果、目的の場所に自分を到着させることができるのです。

 

しかし、玄関の扉がどこにあるかを見ずに、遠くだけをイメージしても見えないし、玄関の扉の位置がわからないまま、目的地だけを見てジタバタしても、家の中にいることに変わりはありません。

 

天使はまずは玄関の扉から見つけることを、勧めています。

 

そしてそれはもちろん、遠くにはなく、あなたの目の前にあるものだと言います。

 

あなたの玄関は、先ほども言ったように自分の現状を見つめ、今の自分のありのままを認めることが重要となります。

 

そして玄関つまり、あなたの人生の扉とは、今のあなたができることを見つけることを意味しています。

 

今のあなたができることは、大きなことである必要はありません。

 

今、目的地に1ミリでも近づくことが可能な、確実にできることを見つけることだと、天使は言うのです。

 

それは目的地にいるあなたと同じである必要はなく、今はそこから始まりなだけです。

 

そして玄関を開ければ、外の景色が見えるのと同じように、それを行った時に新しい景色が、あなたの視界に入ることでしょう。

 

そして、道は自ずと足元にあり、少し先が見えており、まずは見える位置まで進んでみることだと天使は伝えています。

 

例えば現実的に家の中から外に出れば、現実に広がっている世界が見えます。目的地の方向はおおよそこっちだと言うことがわかります。

 

人生もこれと同じように、家の中にいるままでは、どの方向に進むかに気がつきにくいことを意味しているのです。

 

玄関を見つけ、扉を開けることは難しいことではなく、またその先を少し進むことも難しいことではないのがほとんどです。

 

ただ、見つけるのが難しいと感じることはあります。

 

それが遠くだけを見ていることだと、天使は指摘したいのです。

  

あなたは今、ありのままのあなたで良いのです。

 

無理をしたり、背伸びをした自分である必要はなく、ありのままの自分を認めてあげましょう。

 

人生はありのままの自分の、ありのままの場所からしか、進むことができないものです。

 

天使はあなたを、とても高く評価しています。

 

ありのままのあなたを、とても愛しています。

 

ありのままから、人生はいつも始まると、天使は教えてくれています・・・

 

コメント: 0