400《聖》エンジェルナンバーの意味[あなたは自分を愛して良いのです]

エンジェルナンバー 400の意味には、あなたが自分を愛して良いことを天使が伝えている数字であり、自己愛について、正しい形を思い出して欲しいことや、それを知って欲しいという願いが込められています。

 

自己愛とはあまり良いイメージがない人もいますが、天使の言っている自己愛とはそれとは異なるものだと伝えています。

 

自己愛は、自分を許すことであり、愛とは許し、そして許容だと天使は言っているのです。

 

許しと許容とは一体どのようなものかを天使は、以下のように伝えています。

 

それとは、自分の良い部分だけでなく、認めたくないこと、または目を背けていることも許し、許容することだと言っています。

 

人は自分の気持ちに肯定的に向き合っているものと、そうでないものがあることを、天使はよく知っています。

 

肯定的に向き合っているものは、自信があるものや、すでに自分ができていること、あるいは他人よりも優れている部分などが主にそれに当たります。

 

一方で、向き合いたくない部分とは、その反対で、自信がない分野、できないこと、他人よりも劣っていると思っている部分になります。

 

これを認めたくない気持ちがあるのは、人の脳機能に由来していて、認めることで自分の立場が脅かされると脳が恐れを感じていることが多いからです。

 

脳は自分を一番に守ろうとする働きがあります。それは自己防衛本能と言われ、誰にでも備わっている脳の機能です。

 

天使は物理的に生きる私たち人間が、このような脳の機能の制約下にあることを、とてもよく理解しています。

 

自己防衛本能は、自分を守ることに一生懸命であり、時としてそれを最優先させることが往々にしてあります。

 

例えば何かミスをして謝らなければいけない時、誤魔化そうとか、嘘をつこうとすることも自己を守る脳の働きの一つであり、それによって思考がなされ、行動や言動になっていきます。

 

この自己防衛本能が強く働き過ぎたり、あるいは、コントロールが効かなくなっていくと、自分中心にしか考えることができなくなっていく傾向になります。

 

これは自己中心的であり、エゴと言われています。

 

問題は自己愛が、時としてこのエゴと混雑してしまうことです。

 

自分を愛することは、自分を許すことですが、自分を許したからと言って他人から許されることを意味していません。

 

自分を許すことは、そのような自分を守ってしまう部分が少なからずあることであり、それ自体は悪くないという意味だと、天使は伝えているのです。

 

そしてこの自己防衛本能は、ありのままの自分から、あなたを遠ざけるようにしてしまうことがあります。

 

それが自分が認めたくない部分なのです。

 

しかし、よく考えてみてください。

 

あなたがたとえ恥ずかしくて、苦しくて、認めたくないことや、目を背けたい自分がそこにあったとしても、それは、かけがえのないあなたの一部でもあるのです。

 

自分を愛することや許すことは逃げることと異なります。

 

向き合い、認め、許すことだと天使は伝えています。

 

そして天使は最も大切なことを、あなたに伝えようとしています。

 

それは、たとえ自分の嫌な部分でも、それを愛し、許すことで、初めて次への一歩が歩めることです。

 

認めたくない嫌な部分を、いつまでも認めないでいると、そこから動くことは困難になっていきます。

 

これを認めてあげることは、今いるその場所から抜け出す扉を開けるようなもので、その扉はいつだって、あなたの目の前にあることを、天使は伝えたいのです。

 

あなたの嫌いな部分があっても、それは愛すべきあなたの一部です。

 

宇宙に二つと無い、あなただけのものです。

 

あなたは自分の良い部分や、好きな部分だけでなく、全く逆のことや、全く逆の自分も愛して良いのだと、天使は伝えています。

 

天使が伝えたい自己愛の正しい方法とは、このことであり、逃げることでも、諦めることでも、無責任になることでも、投げ出すことでもないのです。

 

むしろ、そのような必要性はないと天使は伝えています。

 

あなたは逃げる必要など、どこにもありません。

 

もちろん自分と向き合うことは、はじめは怖いかもしれません。辛いかもしれません。逃げで足たくなる感情も沸き起こるでしょう。

 

そんな自分にも気がつき、抱きしめてあげましょう。

 

それで良いのです。

 

そこからはスタートなのです。

 

人は思うように、あるいは器用に生きていきたいと願いますが、それは現実的に難しいものです。

 

その理由は、この物理的な世界、物理的な次元は、あなた以外のものとの干渉が生まれるからです。

 

人間関係の干渉は日常茶飯事ですが、それだけでなく、あなたがよそ見をしていて電信柱にぶつかることも干渉です。

 

その干渉からは、逃れることができませんが、あなたは逃げる必要などないくらい、強い存在であり、愛すべき存在だと、天使は伝えているのです。

 

自分を抱きしめることです。

 

いつもよくやっていること、これまでよくやっていること、自分の嫌いな部分、全てがあなたを構成し、この世に一つだけの存在です。

 

あなたの中で起きたことは、すべてあなたのものです。

 

それを否定したり、抵抗するから、あなたは余計に苦しむかのようになったり、ネガティブな思考と感情になります。

 

 

それは愛して良い、大切な、大切な、あなたなのです・・・・

 

コメント: 0