【たった3分!】「どうしたらいいかわからない」ときの解決方法

 

占術&心理研究家で、プロの占い師だった私が、

 

「どうしたらいいかわからない」と悩んでいるあなたに、

 

おすすめの解決策についてお伝えしています。

 

人生の中で、どうしたらいいかわからないとき、1人で心の中で苦しんでいることはありませんか?

 

ですが安心してください。

 

このページで紹介している解決策なら、

 

  • どうしたらいいかわからない。
  • このままだと未来どうなってしまうのか?
  • 頑張っても報われないのはなぜか?

 

と悩んでいる方でも、たった3分で最良のアドバイスが聞ける状態が整います。(無料でできます

 

どうしたらいいかわからない

 

どうしたらいいかと悩む人や、そのような状態に陥る時、その原因は、

 

以下のようなものがあると言えるでしょう。

 

 

✔あなたは人がいい  

 

 

あなたは人がいい可能性があります。

 

なぜなら、どうしたら良いかわからないと悩む人の性格的な傾向として、

 

悩みを抱え込みやすいと言えるからです。

 

自分のことも、他人のことも、全て自分の事のように考える優しい人であり、

 

また、周囲の人に迷惑を掛けたくないという気持ちから、

 

悩みを自分の心の中に抱えこんでしまいやすいと言えるのです。

 

そして人には、悩みや問題を処理できる能力に限りがあるものです。

 

それは大抵の場合で、一気に完全に解決できる数は、

 

一つか、二つでしょう。

 

 

例えるなら、夕飯の料理をしながら、お金の問題を解決することが難しいように、

 

悩みの数が多くなることで、処理できずにいる問題を抱える状態になりやすいのです。

 

料理をしながら、お金の問題は完全に解決できません。

 

お金の問題は働くことなど、料理とは全く異なる物理的行為が必要です。

 

処理できなかった問題や悩みは、そのまま残り続けます。

 

つまり夕飯は完成できたとしても、依然として、お金の悩みは抱えたままということです。

 

自分のこと以外に、他人の悩みも抱えてしまいやすい人は、

 

悩みを抱える速度が、解決する速度を超えることにつながります。

 

その結果、悩みを増やし続けてしまうことになりやすいのです。

 

注意点として、

 

あなたの悩みの処理能力が低いということではありません。

 

大抵の場合、同時に多くの事を解決するのは難しいのです。

 

 

✔ 見過ごせない

 

 

何かを見て見ぬふりや、不正をそのまま見過ごすことができない人は、

 

とても良い性格の持ち主であることが多くあります。

 

しかし同時に、

 

悩みやすい人、とも言えます。

 

この世の中は、一つの正義にまとめることは不可能なことです。

 

そのため、見過ごせない出来事は、沢山見つかるし、

 

また増え続ける傾向があります。

 

上記のように、悩みを解決できる処理能力は、多くても二つくらいでしょう。

 

様々な出来事を見過ごすことができない性格の人も、

 

気がつかないうちに、悩みを増やしている場合があります。

 

特に不正を許せない性格なら、

 

この世の中に生きにくささえ、抱えているかもしれません。

✔ 良い人は悩みやすい

 

このように、人の悩みまで抱えてしまう人や、

 

不正を見過ごせないタイプの人は、良い人ですが、悩みを抱える傾向にあるのです。

 

そしてきっと、

 

あなたもそのようなタイプの人ではないでしょうか。

 

だから、「どうしたらいいかわからない」という思いで、このページを読んでいると思います。

 

しかし、これからとても大事なことをお伝えしたいと思います。

 

考えても解決できない

 

実は悩みの多くは、考えてもすぐには解決ができないことが大半なのです。

 

そして問題は、

 

すぐに解決できない悩みに対し、いつも思考を巡らせてしまうことです。

 

これは、大きなストレスに繋がります。

 

ストレスはやがて、自律神経を交感神経優位にさせていきます。

 

 

 

交感神経は、

 

本来自然界では、戦うか逃げるかの究極の選択をするときに、優位になるものです。

 

 

つまり、ストレスが大きいと、究極の精神的状態に、

 

自らを追い詰めてしまいやすいのです。

 

悩みが解決しないのは

 

悩みの原因は、

 

全てがあなたのせいではない。

 

と言えることです。

 

悩みが解決しないことや、また苦しさを継続的に味わっていることは、自分にその責任があるとは、必ずしも言い切れないのです。

 

では何が自分を苦しめるのか?

 

それは、

 

気がつかないうちに、背負ってしまっている悩みと問題であり、

 

さらにはそのように自然に仕向けている、脳の思考だと言えるかもしれません。

 

そうであるなら、逆のことも思考的実験として行ってみると良いこともあるのです。

 

例えば思考実験では、

 

  • この悩みは自分のものではない。

 

  • この悩みを解決する必要は、今はない。

 

このように、自発的に悩みから距離を置くように、思考だけでも仕向けてみる実験をしてみることです。

 

このように、自分で知らずに抱えてしまったことから、距離を置くような「実験」をしてみると良いでしょう。

 

 

あなたはきっと、

 

他人のことまでも、自分のことように抱えてしまい、

 

また不正や秩序に反したことをみると、見過ごすことができない、

 

そんな良い人である可能性があります。

 

そのため、あなたの神経を逆撫でするような情報や意見、人物から、離れてみることで、大きな効果を感じることがあります。

 

それがもし、あなたの交感神経を優位にさせているのなら、

 

この思考実験によって、もしかすると、これを抑制できるかもしれません。

 

 

繰り返しますが交感神経は、

 

本来自然界では、戦うか逃げるかの究極の選択をするときに、優位になるものです。

 

つまり、

 

究極の精神状態から抜け出ないと、あなたは自分で自分を潰してしまう可能性を高めてしまうのです。

 

どうしたらいいかわからない時こそ

 

どうしたらいいかわからない。

 

そんな時こそ、

 

悩みから離れる実験をしてみてください。

 

つまり、感じてしまったストレスを、一瞬だけでも手放してみることが重要です。

 

そして、悩みを一つ一つ整理し、

 

一つだけを解決する行為をしてみましょう。

 

人の能力

 

多くの場合で、悩みや問題の解決に、人が有している能力には、

 

限界があります。

 

また、例え一つの悩みにだけ向き合っていることは、何も恥じることでありません。

 

逃げるくらいなら、一つずつ向き合うことの方が、よっぽど生産的なことでしょう。

 

そして逃げたくなる理由も、

 

抱えきれなくなった悩みや問題に、押し潰されそうだと思った時が多いものです。

 

これが人の解決能力を、最も弱くしてしまう原因の一つでもあります。

 

これには以下の二つのことが言えます。

逃げたくなる時は、

 

  • 交感神経によって、理性が抑制された

 

  • 理性が抑制されたことにより、逃げる選択肢が重要だと感じるようになった

 

 

逃げたいのは、あなたの本心ではなく、交感神経による生理的機能

 

 

悩みを抱えすぎると、ストレスに繋がり、交感神経を優位にします。

 

そしてそれは、

 

理性的思考を抑制することがわかっています。

 

理性が抑制されることによって、「どうにでもなれ」という感情が強まり、考えて行動することから逃げたくなる傾向が強まるのです。

 

交感神経は、逃げるか戦うか、この二つを選ぶ究極的な精神状態に近づけます。

 

これをほどよく抑制しているのが、理性なのですが、バランスが崩れた時は理性の抑制力を超えてしまうことにつながるのです。

 

そして人は大抵の場合で、

 

  • 悩みから逃げたくなる。

 

  • 悩みから逃げることしか考えられなくなる。

 

  • 悩みから逃げることが妥当な選択だと思う。

 

  • 結果的に、どうしていいかわからなくなる。

 

わかりやすいのが、ダイエット時のリバウンドです。

 

 「例:ダイエットで失敗する時」

 

ダイエットで食事制限をしている期間が続くと、ふと猛烈に食べたくなる時があります。

 

最初は、理性によって我慢できているものです。

 

しかし交感神経が優位になるほど、やがて理性の力を上回ります。

 

そして、今までの努力は全くなかったかのように、食べすぎてリバウンドしてしまう人は多くいます。

 

リバウンド後は、痩せない自分や、食べてしまった自分ばかりを責めてしまい、

 

どうすれば痩せるのか?どうしたらいいのか?という悩みになるものです。

 

ダイエットができなかった自分を責めるのではく、交感神経が、あなたをそうさせたと説明できる

 

 

交感神経は、それまで平気でできたことを、

 

いつしか急に、

 

全く制御不能になる程、できなくさせてしまうことがあります。

 

究極の精神状態に完全になる前に、悩みや、悩むことから自発的に離れてみる思考実験をしてみると良いでしょう。