【40代】運命の出会いはこれからこれから!

 

40代で運命の出会いを求める人は多くいらっしゃいます。それに遅いことは決してないでしょう。

 

ここでは40代でも、運命の出会いを実現するために重要な心理的な変化を、独自の理論で徹底的にご紹介します。

 

あなたのこれからの運命に、きっと何かしらの役に立つことになるでしょう。

 

 

1「40代運命の出会いは可能性が高い」

 

40代の人でも、運命の人と出会う可能性は決して低いわけではありません。

 

なぜなら、40代になると多くの恋愛経験や、人間関係などを経験していることが多くあり、それは運命の出会いを見極める上で、とても重宝することがあるからです。

 

そして、それに最も大きな力と助けになることこそ、「失敗」という経験だと言えるでしょう。

 

例えば40代と20代とでは、圧倒的な人生の体験数が異なります。

 

これは物理的な時間という制約がある限り、逆転することはほぼ不可能と言えます。

 

時間の経過はとても重要です。

 

そして40代のあなたは、その重要性をすでに多く掴んでおり、むしろ20代よりも優位性が高いとさえ言えるのです。

 

この優生生を、自分がどのように自分の目的のために扱えるか、それが大きなポイントなるのです。

 

時間、経験。そして失敗の経験が、あなたに教えてくれたことを、あなたはまず、自分自身の中で明確にする必要があるでしょう。

 

そしてその中で明確になったことや、答えなどが、以前あなたが求めていたものや運命の人と異なることはあります。

 

なぜなら、運命の人の対象はこの優位性によって、大きく変わるからです。

 

そうです。

 

運命の人は、変わるのです。

 

それはなぜでしょう?

 

例えば運命の人は1人で、必ず結ばれる、赤い糸でつながっている、という言葉はこれまでに何度か聞いたことがあるでしょう。

 

この誰もがロマンチックに思え、それが実現できたらなんて素晴らしいだろうというストーーリーに魅了されることは、あるいは事実、魅了されてしまったことに、きっと多くの人が同意をしてくれるでしょう。

 

しかし、これは架空のストーリーであるか、または、その希有な体験が奇跡的に得られることができた、ごくわずかな個人的感想であり、価値観の一つであるという解釈ができるのです。

 

つまり、誰もがロマンチックで魅了されているこのストーリーは、その賛成者は多くいても、自分自身のことではない、ということなのです。

 

自分自身のことでないなら、それを掴もうとすることや、実現させようとすることは、かなり難しい挑戦になります。

 

この状況をよりわかりやすくいうなら、音楽を全く勉強してこなかった人が、プロのオーケストラ奏者になること似ています。

 

先ほどの運命の人のストーリーには、かなり個人的な要素が強くあり、それはその人なら優位性があると言えますが、そのほかのほとんどの人には、同じような優位性はないと言えます。

 

つまり、全く通用しないかもしれないところで、自分を試すことは、負け戦になりやすいか、勝つ可能性よりも、負ける可能性が高くなると言えるのです。

 

もしかすると、だから、こんなにも運命の人に出会えていない人が多いのかもしれません。

 

あなたの運命の人は、あなたの中にその答えがあるのであって、その優位性はあなただけが知っているし、決めることができるということです。

 

 

つまり、自分自身をより見つめ、あるいは見つめ直して、自分の運命の人と出会える優位性を見つけることで、その可能性を高めることが可能になるということです。

 



《広告》