運命を感じる恋愛の正体とは?

 

運命を感じるような恋愛を、誰もが望むものです。

 

しかしその正体を知っている人は、そう多くはないでしょう。

 

ここでは、運命を感じる恋愛の正体について、他では聞けない独自の考えと理論に基づき、ご紹介していきます。

 

これより先を読んだあなたは、きっと、運命を感じる恋愛とは何か、それを知るのに大きな気づきを得られることでしょう。

 

  

「運命について」

 

まず運命の恋愛の正体についてご紹介する前に、運命とは何かについて、当サイト(マインディストKEN)の考えをご紹介したいと思います。

 

まず多くの場合で、運命という言葉を聞くと、人は天などから何かを定められて生きているという概念や、人の意思を超えて起こり得る事象などを指していることが多くあります。

 

つまり、何かしら決まっていること、という認識があると言えます。

 

当サイト(マインディストKEN)は全くこの意見とは異なる考えを持っています。

 

運命とは、決めていくものだという考えです。

 

決めていくことをもっと簡便にいうと、自分の望みを実現する可能性を高めることが、人にはできるという考えです。

 

自分の望みを叶えることができるという前提なら、決まっているものに束縛される必要はないと言えます。

 

しかし多くの人は、運命を知りたがります。

 

決まっていることを知りたがり、その通りに生きたいと願うのです。

 

なぜでしょう?

 

それは、ただ単に怖いから、ということが言えるでしょう。

 

人生は何が起こるかわかりません。

 

苦しいことや悲しいこと、嬉しいことや楽しいことは、いつもランダムに起こっているものです。

 

そこで大抵の場合で人は、嬉しいことや楽しいことだけで人生を満たせたらなと思う傾向があります。

 

これは残念ながら不可能であり、可能性があったとしても、それは極めて低いと言えます。

 

その可能性の低さとは、人生の全てが苦しいことや悲しいことに染まるのと同じくらい、低い可能性です。

 

しかし、それを全く信じられないと、つまり、自分の人生をよくすることを潜在的な部分で認めていないと、人生は苦しいものだという決めつけをしてしまい、その結果、決められた運命という概念に魅了される可能性があるのです。

 

人生が決まっているなら、何も自分からする必要はなくなります。

 

次に起こることが決まっているなら、それを受け入れるだけでいいのです。

 

それは恋愛において、もっとも魅了する概念となります。

 

それが運命の人という概念です。

 

これを否定するつもりは全くありません。

 

 

しかし、この世の中の法則は、全てが決められたことでできていません。

 

常に変化し、常に何が起こるかわからないし、そして、それを知る手立てもないのです。

 

たまに的中することや、予測や推測が当たることはあります。

 

しかし、それは常に可能性の中にあるものであって、結果は必ず確率的なものなのです。

 

運命の人も、そのような法則の中に生まれた概念であるなら、出会う可能性はあります。しかし、残念ながらそれを知る手立てはないのです。

 

全ては可能性であり、確率の世界の中にあるのです。

 

そのような環境の中で、運命の人や、自分の運命というのはどのようなものかというと、それは、自分で決めていくものだと言えるのです。

 

つまり、自分の運命はこれだ、運命の人はこの人だという正確な答えを決めることができるのは、あなただけであり、あなた以外に不可能だというのが、当サイト(マインディストKEN)の考えです。

 

そして、その運命や運命の人と出会うことが可能となるのは、自分でそうなる確率を高めていくことが重要となります。

 

そのためには、運命の人が決まっているという考え方から離れ、自分で何かを少しずつ変えていく行動が重要となります。

 

そして今できること、今少しでも求めているもに近づけたり、役に立つようなことを繰り返し行うことが重要です。

 

つまり確率の高いことを繰り返して、それを高めていくことで、おそらく実現できるだろうということです。

 

あなたの運命は誰も決めることができません。

 

それは同時に、あなたも他の人の運命を決めることができないのと同じことです。

 

しかし、このままだとある程度の確率と可能性で、こうなるだろう、ということは予測ができるはずです。

 

その予測が望まない結果となる可能性が高いなら、それは今から自分を変えていく必要があります。

 

では、これをきっかけに、改めて考えてみてください。

 

今、あなたは運命の恋愛をできているか?

 

もし、できていないなら、今の自分のままだとその実現の可能性として高いか?それとも低いか?

 

この問いに対して、あなたは自分で責任を持って回答する必要があります。

 

なぜなら、その答えによっては、これまでと同じ時間を過ごす可能性を高めるか、そうではない一歩を進めるかを決めることにもつながるからです。

 

運命は、あなたが決めるものであり、決めて良いのですから。

 



《広告》