「運命の人じゃない特徴について」

 

運命の人じゃない特徴について、多くの人は決まったようなパターンや統一した特徴があると思っていることでしょう。

 

これは確かに、そのような傾向が見られる場合があります。

 

しかし、運命の人かそうではない人かを見極める本質的な部分とは、そのような決まったおターンや統一している情報ではないだろう、というのが当サイト(マインディストKEN)の考えになります。

 

これは上述した通り、運命や運命の人が概念として存在し、概念は無限の数だけ存在することが可能であるから、という論理に基づいています。

 

つまり、運命の人じゃない特徴も個人によって差があり、それを客観的事実によって証明できない要素であるということが言えるのです。

 

さらに運命の人かそうじゃないかを見極めるには、情報よりも心理状態が最も重要だと考えます。

 

なぜなら人の心理状態とは、今の現状がどのようなものかを判断する基準となりやすいからです。

 

さらには、心理状態は今の現状、つまり、誰が自分の運命の人であるかについて、それを歪ませてしまったりもする可能性があるのです。

 

心理状態が特に、感情の高まりが強くある場合は、それがポジティブであれネガティブであれ、現状の判断と把握を歪めてしまう可能性を高めます。

 

これは人の身体的かつ生理的な機能として、よくあることです。

 

人は感情的になると理性的な判断と思考が抑制されることがわかっています。

 

そしてこのような時に最も、運命の人の特徴などが気が付きにくいか、間違った現状の見方をしてしまいと言えるのです。

 

大切なことは、心理状態がとても落ち着いていて、理性的になっている時だと言えるでしょう。

 

もしあなたが今、とても好きな人がいたり、気になっている人がいて、その人が運命の人かを確かめたいのなら、心理的にとても落ち着いている時、つまり、その人のことが感情的に気になっていない状態の時に考えてみると、何かの回答にたどり着きやすいでしょう。

 

心理的に落ち着いている状態で、最も簡単にできる方法の一つが、休日の寝起きの時だと言えます。

 

朝の寝起きは、頭が働いていないかも知れません。

 

しかしこの頭が働いていない時というのは、普段一生懸命に思考しているものから解放されている状態であり、感情的思考が最も抑制されている状態であると言えます。

 

この時に、ふと、あの人は運命の人なのかなぁ・・・と答えを出そうとするのではなく、漠然と思ってみることをしてみると良いでしょう。

 

一度では答えは出ないでしょうが、これを繰り返していくと、きっと、明確な気づきを得られるでしょう。

 

以下のリンク先では、運命の人じゃない特徴と、運命の人だという判断を間違いにくくするための内容をご紹介しています。

 

あなたが運命の人じゃない特徴を知ることや、運命の人を知ることにおいても、きっと良い力となってくれることでしょう。

 

→ 運命の人じゃない特徴

 

→ 運命の人を知る、出会う、結ばれる