運命の相手が「この人」と、わかるには?

 

運命の相手がこの人だとわかると、きっとあなたは安心できることでしょう。

 

それは可能か不可能かでいうと、概ね可能と言えるかもしれません。

 

しかし運命の相手がこの人だ、と理解できるには、ある精神と心理状態である必要があると言えるのです。

 

これより他ではまず語られない、その独自の内容を、あなたにお届けします。

 

あなたももしかすると、運命の人が誰だか、理解できる時が来るかもしれません。

 



《広告》


「磁石」のように

引き寄せ合う

【運命の彼】

を占ってもらう

  

なたはこのまま、運命の彼を知らないまま過ごしますか?

 

運命を聞くと将来が楽になるかもしれませんよ。

 

あなたは有名な占い師にも占ってもらえます。

 

運命の彼について聞いてみませんか?

 

今なら登録するだけ。最大2500円分無料で占えます。

 

登録は簡単、無料です。

 

詳細は↓こちら(リンク先では今日昨日の口コミも下部で確認できます)

アノ人の本音が判る
驚異の占いサイト
 

 

 

 

1「運命の相手がこの人だ!とわかるようになるには」

 

まず、運命の相手の人と出会うと、ビビビっと感じたり、または衝撃的なインスピレーションを感じたり、いろいろな作用や特徴があると言われています。

 

当サイト(マインディストKEN)の考えには、これらの衝撃的、特に感情を大きく動かすような体験は、おそらく運命の相手ではない、という見解を示しているのです。

 

運命の相手がこの人だ!と明確にわかることは、きっと大きな感情的な動きがその証明だと思っている人は多くいるでしょう。

 

なぜなら、感情の動き、つまり、情動という作用は特に、人の体験的なことを真実だと思わせる力が強く、強固な記憶を残す力があるからと言えます。

 

強い感情、ビビビ、思考の停止、衝撃、驚き、いろいろな情動が、この人が運命の相手だ!というある種の錯覚を真実にしてしまいやすいのです。

 

これを錯覚と表現するのは、実は、あながち間違いでもないと言えます。

 

なぜなら、情動とは、真実を必ずしも捉えた反応とは言えないからです。

 

例えば情動は、熱いお風呂に足を触れたら「熱い!」と入れた足を引っ込めて、次はかなり慎重に入ろうとする一連の流れに作用しているものです。

 

この時、熱いお風呂のお湯を実体験として体験し、確かに熱いことがわかり、それは急に入ったら危険だという恐怖と思考まで生まれています。

 

だからさほど深く考えたりすることなく、当たり前のように次はそおっと足を入れるようになります。

 

お湯の熱さに恐怖感を覚えたからです。

 

これはまさに体験が恐怖となり、情動が生まれ、それが記憶に定着し、次への行動を制限している瞬間であると言えます。

 

 

情動は今後の行動に、大きく影響を与える要素になるのです。

 

熱いお風呂に入れば、誰でもそうするし、この時の情動は正しいと思うことでしょう。

 

しかし、熱いお風呂が大好きな人は、何も気にせず、入れるものです。

 

何が言いたいかというと、情動作用は個人によって差があり、恐怖ではなく逆に気持ちいという情動は、熱くて危険だという情動作用を起こした人とは、全く逆の解釈と行動をとるのです。

 

これは人生に大きく作用しています。

 

犬が怖い、ジェットコースターが怖い、お化け屋しが怖い、という人はいるでしょうが、これらが大好きな人もまたかなりの数いるのです。

 

そしてこの違いは、人生における今度の体験に制限や拡大を加えていくのです。

 

では、運命の相手だと何かしら情動作用が起こり、それがなぜ?錯覚に似たものである可能性があるのでしょう?

 

その理由の一つとは、欲求的な衝動が高まった場合が考えられるからです。

 

情動は欲求を生む場合があり、この時に生まれた欲求ほど、人はそれを満たしたいという思いが大きくなる傾向があるのです。

 

運命の相手はこの人だ!

 

という情動が強く感じるほど、欲求的な衝動が高まった場合があると言えるでしょう。

 

これを信じられない人は多くいます。

 

そうです、その理由というのも上述した、情動の作用はそれを真実だと捉えさせる働きがあると言えるからなのです。

 

先ほどのお風呂のお湯の例のように、熱いという情動がそれは危険だという真実だと思いこませ、それが行動にまで簡単に影響するのです。

 

運命の相手への情動は、その人が運命の人であるとかよりも、その人が欲しい、手に入れたい、という強い欲求に変わっている可能性があるのです。

 

このような欲求を満たそうとする働きは、強い行動力と意欲を生むことにもつながります。

 

その結果、2人は付き合うことや、恋が成就することはよくあります。

 

 

しかし別れてしまうことも、よくあるのです。

 

なぜなら欲求が満たされると、人はほぼ確実に、恋愛の熱が冷めるからです。

 

恋愛の熱が冷めることによって、欲求を満たすことに集中していた思考が、より幅広く思考できるようになっていく傾向となります。

 

思考が幅広くなると、これまで気がつかなかった事実に、多く気がつけるようになっていきます。

 

恋愛の熱は冷め、多くのことに気が付く中で、大抵は、なぜこの人を好きになったのだろう?という疑問が生まれることが多くなるでしょう。

 

なぜ?という疑問が生まれるということは、最初からその人を好きとか愛情から付き合ったのではないことが示唆できるのです。

 

そしてその多くが、自分の高まった欲求を満たすために、盲目になっていた可能性が言えるのです。

 

しかし、必ずしも情動が間違いであることでもないのです。

 

この世の中は、全てが可能性の中にあり、その答えをこれだけで決めつけることは不可能です。

 

可能性は二つあり、たとえ情動的なものが強くても、運命の相手である可能性と、そうでない可能性があるのです。

 

 

 

そして、それはどのように決定されるのか?

 

ということは、きっとあなたがこれから運命の相手を望み、そして結ばれ、結婚までの決意をするまで、重要となる内容になります。

 



《広告》


 

2「運命の相手は何で決まるのか?」

 

運命の相手は何で決まるか?ということは、おそらくあなたの中で運命の人を願う人生の中で、最も重要性の高い内容になるでしょう。

 

運命の相手は上述のように、あなたの情動によって全てが決まったり、あるいは正確な答えになるとは限りません。

 

では何がそれを決める要素となり得るのでしょう?

 

それとは、あなた自身だと言えるのです。

 

そうです。

 

あなたがその人が自分の運命の相手だと、決めることで、それは決まるということです。

 

当サイト(マインディストKEN)の考えは、これに対して一貫している見解を持ち合わせています。

 

それとは、運命という概念は非物理的であり、非物理的なものは個人の解釈によって決定されるということです。

 

もう少し具体的にご紹介しましょう。

 

非物理的な要素や概念というものは、この世界に溢れかえっています。

 

例えばそれらは、愛、気持ち、豊かさ、魂といったものは、全て目に見えるものではありません。

 

これらの概念は個人で大きく異なるし、また完全に同じものはありません。

 

そして概念というものは、目に見えないものだけに機能しているのではなく、目に見えるものにも個人差を作り上げていると言えます。

 

例えばよくわかりやすいのが、お化け屋敷という目に見えるエンターテインメントです。

 

人を驚かしたり、怖い思いと体験をさせることが目的のエンターテイメントですが、これが怖い人と、その全く逆に楽しい人や興奮する人、さらにはつまらないという考えの人がいるのです。

 

お化け屋敷という目に見えるものが全く同じで、全く同じ空間で全く同じことをされ、全く同じ時間を過ごしていても、個人で受け取る概念と解釈は異なるのです。

 

それなのに、愛、運命、運命の相手という目に見えないし、物的な要素の全くないものに対して、誰にも共通した決まった事実があると、なぜ言えるのでしょう?

 

そうです。それは存在しないのです。

 

いや、正確にいうと、存在できないのです。

 

それが存在できる唯一の場所こそ、その人本人の中だけなのです。

 

運命とは個人的な解釈である、というのが当サイト(マインディストKEN)の考えであり、見解です。

 

そのため、運命の相手が誰であるかを決めることができるのも、あなた以外にない、ということになります。

 

人は運命の相手を知りたいと願い、色々とその証拠や証明をしたがります。

 

しかしそれも何もかも、個人的な解釈の域をこえず、個人的にそうだと決めつけているか、そうだと思いたいか、信じたいかという欲求的な感情が生まれていることが多くあります。

 

こんなことを言うと、運命の相手はとても魅力的に感じない、そう思うかもしれません。

 

しかしそれは全く違うと思います。

 

運命の相手がこの人だとか、誰であるかを自分で決めることができるなら、それは自分の選択と決断に、非常に強い責任感と納得、そして合意を獲得できることにつながるのです。

 

そして多くの場合で、人生に最も重要なものこそ、この責任感と納得と合意だと言えるでしょう。

 

自分の意見や解釈に、これらが加わることで、そこから生まれる行動や言動、そして選択はとても力強くなるでしょう。

 

運命の相手の証拠探しを、長い時間をかけてやっているよりも、その人と幸福になろうと自分に責任を持つ方が、最も素晴らしい時間を共有できるのではないのでしょうか。

 

あなたにとって運命の相手は、何かの証拠がないと、それを信じられないものなのでしょうか?

 

それはきっと違うはずです。

 

 

あなたの解釈でいいし、それがとても素晴らしいことでもあるのです。

 

運命の相手を決めるのは、外でもない自分であるなら、そしてそれに責任と納得と合意ができるなら、最も強い絆を、その人と構築できることでしょう。

 

 

3「情動ではなく、運命の相手だとわかる特徴」

 

運命の人を決めるのは、上述の通り、あなた自身だと言うのが当サイト(マインディストKEN)の考えになります。

 

しかし情動でそれを決めたり、思い込んだり、あるいはそう思いたいと言う欲求的な働きとなる場合もあります。

 

たとえ先に情動が大きく動いたとしても、大切なことは、その感情が冷めたとしても、その人を変わらず愛せるかどうかです。

 

つまり、極めて感情的に冷静で平常心で、その人を愛していると自然な気持ちと思いになれるかは、とても重要なのです。

 

当サイト(マインディストKEN)は、情動や感情の高まりではなく、理性的な状態でも大切な人だと思える相手かどうかを、運命の人の可能性が高いと考えています。

 

その主な特徴的なことを示すと以下のようになるでしょう。

 

「この人だ!」と言う強い情動が生まれるのではなく、「この人なのかなぁ。」「きっとこの人なんだろうなぁ。」と言う自然とふと湧いてくる思考があるかどうか、と言えます。

 

自然とふと湧いてくるこのような思考は、あなたの情動が動いているのではなく、平常心かつ理性的な心理状態であることを示唆しています。

 

そこにはよく感じるような恋愛感情の高まりは、おそらくほぼ皆無でしょう。

 

しかしこのような心理状態になってこそ、恋愛の熱が完全に冷めても、同じ気持ちでいられやすいのです。

 

そしてさらに、このような理性的な心理状態において、重要な要素があると言えます。

 

その要素とは、理性的な方が創造性が高まっていると言うことです。

 

これは脳科学の実験でも、理性的な状態の方が創造性の高い思考ができることがわかっているようです。

 

脳波はα波よりも落ち着いた脳波になっていて、思考の幅は広く、全体を捉えている状態になているようです。

 

創造性の高い思考状態は、運命や運命の相手という目に見えない概念を、より深く捉えやすいと言えます。

 

創造性が高いとは、自分の顕在意識では明確になっていない情報を、実は処理していることが多く、目に見える情報の奥底のことを思考している可能性があるのです。

 

一方で、目に見える情報だけを主に処理している心理状態というのは、感情的な状態であって、それは欲求が高まっている時は特にそうだと言えるでしょう。

 

たとえばあなたは、とてもお腹が空いている時、つまり食欲という欲求が高まっているときに、目の前に大好きな食べ物が置かれたとしたら、どのような心理状態になっているかを想像してみると理解できるでしょう。

 

おそらくそれをじっと見つめたり、食べたい食べたい食べたい、と食べることに思考が集中的になり、食欲を満たそうとすることに神経がかなり集約されていることでしょう。

 

欲求は高まると、それを満たさなくてはストレスを生みやすくなります。

 

思考と意識、神経のほとんどを、欲求を満たすことに集中してしまいやすいのです。

 

しかし、お腹がしっかりと満たされている状態だと、目の前に置かれた食べものを、全く違う視点で捉え、違う解釈さえしているでしょう。

 

つまり運命の相手だと思い、そこに情動と欲求の高まりがあったとしても、その後はしっかりと冷静な心理状態になってから考え直すことが重要なのです。

 

情動が大きく動いた場合は、ある程度時間をおかないと、これは難しい時があります。

 

相手の人が気になって気になって、それがさらに欲求を高めることにもつながり、そしていつしかその欲求を満たそうとする行為を、正当化してしまうことがあります。

 

忘れない方が良いのは、いくら高まった恋愛感情であっても、それはやがて沈静化するということです。

 

問題は、沈静化した後も同じように、大切な人で、ずっと一緒にいたい人だと自然に思えるかだと言えます。

 

 

「なんだかわからないけど、きっとこの人と結婚するんだろうなぁ・・・」

 

 

というくらいの自然さと、情動の激しさのない冷静な心理状態で、ふと思えると良いかもしれません。